毎年1千人前後が救急搬送!もしも…の際に覚えておきたい「乳幼児の誤飲・応急処置法」3つ

11308978

11308978

乳幼児って本当になんでも口に入れたがりますよね。

口に入れて危険なものを子どもの傍に置かないようにしているママは多いと思いますが、それでもヒヤッとした瞬間があったのでは?

実際、東京消防庁管内で誤飲や窒息で救急搬送されている乳幼児は、毎年1千人前後いるとのこと。一日平均3人もの乳幼児が救急搬送されていることになるんです。

飲み込んだものによっては、重大な事故となる恐れも……。

そこで今日は、乳幼児の誤飲を防ぐために気をつけたいこと、そして万が一起きてしまったときに知っておきたい応急処置法についてお伝えします。

 

■知っておきたい乳幼児の誤飲・窒息の事実

東京消防庁管内で平成19年から平成23年までの5年間に、誤飲や窒息で搬送された乳幼児は、5,738人。発生頻度としては、“落ちる事故”や“転ぶ事故”に次いで、なんと第3位となっています。

場所は、“家”が全体の9割以上を占めています。誤飲は家庭内で起こることが圧倒的に多いんですね。

時間帯では、17時~21時が最も多くなっています。

搬送された際、9割以上が軽症ですが、427人の乳幼児が入院を必要とする中等症以上と診断され、36人は生命に危険がある重症以上と診断されているとのこと。

年齢別では0歳児が最も多く、成長とともに救急搬送は減少していくようですが、2歳児でも重篤・重症となった事例もあり、やはり3歳ぐらいまでは油断禁物です。

LINEで送る