法則アリ?「DVを犯す」かもしれない夫の特徴、「DV被害」に遭いやすい女性の特徴

172728239

昨日、人気作家の冲方丁さんが妻を殴り、ドメスティックバイオレンス(DV)の疑いで逮捕されるというニュースがありましたよね。冲方さんを知る人からは「愛妻家だったのになぜ?」という声も聞こえてきています。

愛する夫から暴力を受けるだなんて、想像したくもないことですが、内閣府の調査によると女性の4人に1人がパートナーから何らかの形でDVを受けたことがあるという結果も出ており、決して他人事ではないのです。

そこで今日は、“もしもの時”に役に立つDVに関する知識をご紹介します。

 

■1:「DV被害」に遭いやすいタイプの女性とは

(1)「尽くす」タイプの女性

“尽くす”タイプの女性の心の中には「認めてもらいたい」という強い欲求が隠れています。しかし、男性は尽くされ続けているとそれが当たり前になり、「もっと言うことを聞け」と要求がエスカレートするものです。

「いくら頑張って尽くしても、彼は認めてくれない……」

そう感じた女性が「もう無理!」と悲鳴を上げた時にDVが起こる可能性が高くなります。

(2)「不倫」をしたことがある女性

DVと不倫は無関係に思われるかもしれませんが、夫にDVを受ける妻が“結婚前に既婚者と付き合っていた”という女性が多いというデータがあります。奥さんのいる人を好きになって辛い思いをして、やっと結婚して幸せをつかんだのに、今度はDV。

もしもあなたが過去に“道ならぬ恋”にハマった経験があるのなら、今の結婚生活に特別な注意が必要かもしれません。

(3)育った家庭にDVがあった

父親が母親に暴力を振るう姿を見て育った子どもは、大人になって結婚するとDV家庭になる可能性が高くなります。いわゆる“連鎖”と呼ばれるものですね。

家庭の中に暴力があることに慣れてしまっていて、その異常さに気付きにくいということもあるかも知れません。

LINEで送る