【世界の出産リアル事情】日本とはこんなに違う!? 香港在住ライターが教える「香港の驚きの出産事情5つ」

Young mother giving birth to a baby

Young mother giving birth to a baby

プレママのみなさん、自分の出産予定日に向けて妊婦生活を送っている中で、ふと「他の国の妊婦さんてどんな出産をするんだろう?」などと思ったりすることはありませんか。

最近では、雑誌やテレビなどで海外の出産事情が紹介されることが多くなってきていますが、ライフスタイルや価値観によって各国で出産のスタイルや制度が大きく異なることに驚かされます。

今回は同じアジア圏でありながら日本とは全く違う“香港の出産事情”を、香港在住の筆者がご紹介します。

 

■日本とはこんなに違う!? 香港の出産事情5つ

(1)香港の産休は「10週間」

香港女性は結婚や出産を機に退職するケースはほとんどなく、働き続けるというライフスタイルなので、産休は基本的に労働省で決められた10週間。出産予定日の2~4週間前から産休入りをし、生後約1か月半後で職場復帰するのが一般的です。

10週間の産休中、会社側は8割のお給料を支払う義務があり、また妊娠を理由に解雇をすることはできません。

会社によっては無給で産休を延期できる場合もありますが、お給料はでないのでそのような制度があっても利用しないママも。

 

LINEで送る