5歳までが勝負!おやつや食事に取り入れると「子どもの脳がグングン育つ」スーパー食材とは?

285009536
 

親であれば誰しも自分の子どもには“頭のいい子”に育ってほしいと願うものですよね。そのためには勉強や習い事をさせるだけでなく、幼い頃から、規則正しい生活に睡眠を心がけ、脳も健康的に育てていく必要があります。

そこで今回は、『頭のいい子に育つ育脳レシピ 健全な脳を作るための“育脳”クッキング』の著者で、料理家・管理栄養士の小山浩子先生に、幼少期の食事が脳に与える影響と、脳を育てるおすすめ食材についてお聞きしました!

 

■0~5歳時の食生活はIQの高さにも影響する?!

一般的に人間の脳の重さは、生まれた時は約400g、2歳で約700g、5歳で約1,200g、成人で約1,400gと成長すると言われています。脳は5歳の時点で成人の約9割の重さにまで成長するんですね。

小山先生いわく、「小学生以下、特に5歳までは脳神経の成長にはとても大切な時期です。お惣菜や外食が多いと塩分や飽和脂肪酸を多く摂取してしまいやすいので、小さなお子さんがいるご家庭では、できるだけ良質なタンパク質、カルシウム、ビタミン、ミネラルをバランスよく取り入れるように心がけましょう」とのこと。

でも、仕事に家庭にと忙しいママは、毎日のごはんを手作りするのも一苦労。さらに栄養バランスも考えるとなると、かなり大変ですよね。そこで、手軽に摂取できるのに、脳をグングン育ててくれるスーパー食材を小山先生に紹介していただきました!

 

LINEで送る