良かれのアレが大迷惑!? 忙しいパパほどやりがちな「ママの導火線に火をつける」NG行為4つ

269897093

「いつもは忙しくてママにまかせきりだけど、せめて連休中は力になりたい」と、お盆休みに“イクメンデビュー”をしようと考えていたパパも多いのではないでしょうか。

でも、一生懸命やっても、なぜかママの機嫌がどんどん悪くなり、ついには「もういいから!」と怒られてしまった……。筆者の周りにも、そんな風にぼやくパパが少なくありません。

そこで今回は、四児の母であり子育てアドバイザーである筆者が、パパがママを満足させるためにはどうすればいいか、そのコツをご紹介します。

 

■良かれと思ってやったことが「迷惑」に!?

せっかく手伝ったのに、なぜママは怒るのか……。その理由は、パパとママの“家事や育児の捉え方の違い”にあるのです。

ごはん支度やお皿洗い、掃除・洗濯、子どもと遊ぶ……などは、ママがスミからスミまで手がけてやっと作り上げた城のようなもの。パパが軽い気持ちで手を出してしまうと、それがママの怒りの導火線に火をつけるきっかけになってしまうのです。

女性というのは多かれ少なかれ“自分のやり方”をハッキリと持って家事や育児をしているもの。その哲学に反するやり方で家事や育児を進めるのは、たとえパパが良かれと思ってやったことでも、ハッキリ言って“迷惑”に値する行為なのです。

かといって、何もしなければしないで冷ややかな目で見られてしまいますよね。パパはこんな時、一体どうすればいいのでしょうか?

 

LINEで送る