全然子どものためになってない!夏休みに急増する「子ども費という名の無駄遣い」3つ

219751495

夏休みはお子さんが家にいる時間が長くなり、外出する機会も多いため、何かとお金がかかりますよね。“モノより思い出”とは言われていますが、“子どものため”という理由があると、ついつい無駄な出費も増えてしまうものです。

お金の使い方には良くも悪くもその人の考え方や気分が反映されるものです。この傾向は被服費や美容費、レジャー費などに表れやすいのですが、子ども費もその例外ではありません。

そこで今回はファイナンシャルプランナーの筆者が、この季節に特に注意したい“子ども費”に隠れた無駄遣いの原因と、その対処法をお伝えします。

 

■1:夏休み限定の習い事

夏休みになると短期の水泳教室や音楽教室などが開催されますよね。でも、その習い事は本当に必要でしょうか?

子どもが習いたいと思っていないのに、「習い事の間は手が離れ、自分の時間がつくれる」という“親の都合”で習わせようとしているのなら、その習い事はムダになってしまう可能性が高いと思います。

また、子どもが「習い事したい!」と言ってきても、その理由をきちんと確認しましょう。よくよく聞くと“お友達が行くから”“●●を習うときれいなお洋服が着られるから”といった本来の目的から外れた動機があることも。

習い始めてから「イメージと違う」と言ってすぐにやめてしまうと、支払ったお金をドブに捨てることになりますので、きちんと“習いたい理由”を確認しましょう。

 

LINEで送る