赤ちゃんも暑いのかも!? 妊娠後期に外気温が高いと「低出生体重児のリスク高まる」と判明

shutterstock_249650104

日本列島でも連日猛暑が続いています。こうも暑いと、特に妊娠中の方は本当に大変ですよね。でも、暑さの影響を受けるのはママだけではないことをご存じですか?

最近発表されたある研究結果によると、妊婦中の外気温が“赤ちゃんの体重”に影響を及ぼすことが分かったのだとか。

今日は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が“赤ちゃんが低体重で生まれることのリスク”とその対処法についてお伝えします。

 

■妊娠中の外気温が赤ちゃんに影響を及ぼす!?

2015年6月、ベングリオン大学とハーバード大学から“妊娠中の外気温が子どもの出生体重と関連がある”という驚きの研究結果が発表されました。

2000~2008年に行われた調査によると、妊娠後期に外気温が8.5℃高くなると、子どもの出生体重が17g少ないということがわかりました。ベングリオン大学のイタイ・クルー博士は「妊娠中に外気温が高いと、低出産体重児のリスクが増し、早産を引き起こす要因にもなる」とコメントしています。

 

LINEで送る