【100万円なんて当たり前】マネーのプロがこっそり教える!ママが賢く「へそくり」を貯める方法3つ

217120633

夫婦の間に秘密はナシ!というのが理想かもしれませんが、いざというときのために夫・妻に内緒で“へそくり”を貯めている人は多いようです。

実際、2014年に明治安田生命が行った『いい夫婦の日に関するアンケート調査』によれば、4割の夫婦がへそくりを持っていることが分かっています。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者が、夫婦のへそくり事情と、子育てママが賢くへそくりを貯める方法についてお話します。

 

■夫と妻、へそくりを貯めているのはどちらが多い?

教育費もかかるし、消費税もアップ……「へそくりなんてする余裕は無い!」というのが普通の感覚ですが、 “相手に内緒の資産”をへそくりだとすると、びっくりするような金額を貯めている人がいるという結果が出ています。

前述のアンケート調査によると、へそくりを持っている人は夫の33%に対して妻は47.4%と、妻の方がへそくりを持っている割合が高くなっています。また、20代から50代のへそくり金額は、夫が352,064円に対して、妻は1,187,775円と、妻の方が3倍以上持っている上、格差は拡大傾向だということです。

 

■妻がへそくりを貯める理由

なぜ夫と妻でこんなにへそくりの金額に差があるのでしょうか? アンケート調査のへそくりを貯める理由を見てみると、理由のトップはどちらも“いざというときのため”が1位でしたが、2位は夫が“趣味のため”、妻が“将来のため”となっています。女性の方が将来を見据えて賢く貯めていることが分かります。

妻にとってのへそくりは、自分が楽しむためのおカネというより、自分や家族が幸せに暮らすための、いざという時に役立つ大切な資産と捉えてよいのかもしれません。

 

■「ママが賢くへそくりを貯める」方法は?

このように考えると、子育てで忙しいママでも、いざというときに役立つへそくりを少しずつでも増やしたいものです。“投資は難しそうだし、手間がかかる方法は忙しくてできない”という方でも簡単にできる方法をいくつか紹介します。

(1)クレジットカードのポイントを貯める

公共料金や生命保険料の支払いなど、必ず発生する費用をクレジットカード払いにするだけでカード会社のポイントが貯まります。ポイントをギフトカードや電子マネーなどに換えると現金に近い感覚で使えます。カード選びのポイントは還元率(ポイントとして戻ってくる割合)が1%以上のカードを選ぶこと。

食品や日用品の支払いもクレジットカードにするとポイントも早く貯まりますが、使いすぎが心配という方は、デビットカードがおススメです。還元率は低くなりますが、銀行口座にある金額しか使えませんので、予算分だけ口座に入れておけば使いすぎを防げます。

 

(2)電子マネーをクレジットカードからのオートチャージにする

毎日使う電子マネーをクレジットカードからのオートチャージにすると、電子マネーのポイントとクレジットカードのポイントを二重で貯めることができ、オトクです。電子マネーは使いすぎを防ぐため、チャージされた回数をカウントしておくなどの対策を。(1)や(2)の方法で貯まったポイントでトクした分はへそくりに回しても良いでしょう。

 

(3)スマホアプリで楽しく貯金

家族の生活費をへそくりに回すのはNGですが、自分のお小遣いから浮いたお金をへそくりにするのはOKです。例えばランチ代を節約してへそくりに回すのも手です。楽しく節約するにはスマホアプリを活用すると便利です。筆者おススメのアプリは『ランチ貯金』です。ランチ代の予算を設定して、どのくらい節約できたか記録することができます。

 

いかがでしたか?

ママがへそくりを増やすことが家族の幸せと安心につながることもあります。忙しいママでもできる節約方法、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 恐怖の無駄遣い!いつの間にかお金が減っている意外な原因3つ

※ 「お金がないから諦めて…」将来子どもにそう言わないために今からすべきコト

※ ほっこり癒される~!人気アニメ作家が手掛けた「北海道の酪農家」の動画が話題![PR]

※ エッ!こんなに簡単でイイの!? 苦手野菜が食べられちゃう「ピカチュウオムライス」の作り方[PR]

【姉妹サイト】

※ 恐るべしすっぽんパワー!1日たったの100円で肌年齢が20代!?[PR] 

※ あなたはどのタイプ?性格別「続けられる貯金法」3つ 

※ なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR] 

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

【参考】

※ ランチ貯金 – >株式会社カヤック

【著者略歴】

※ 福島佳奈美・・・大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務し、出産を機に退社。結婚、出産、育児…と目まぐるしく変わる生活の中で、慣れない家計管理に頭を悩ませ、子育て中の2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得する。保険、住宅ローン、教育費、老後資金などのお金に関する話を教わる機会はなく、知らなくて困っている人がいるのではないか、と思いFPとして活動することを決意。その後、子育てママ向けセミナー講師、幅広いテーマでのマネーコラム執筆、個人相談などを中心に活動。身近なお金の話を分かりやすく伝えることを得意とする独立系FP。二児の母。

【画像】

※ shutterstock

LINEで送る