タイマーは●時間でセット!意外と知らない「睡眠も健康も妨げない」エアコンの上手な使用術4つ

179717396

連日の猛暑日で、寝苦しい夜を過ごしている人が多いのではないでしょうか? 気象庁によると、熱帯夜日数は年々増えており、特に東京などの大都市圏で顕著に多くなっているとのこと。

もうこの時期の夜は「エアコンがないと眠れない!」という方も多いでしょう。

ただ、子どもがいる家庭では特に、エアコンのつけ過ぎが体に与える影響が心配されますよね。

では、猛暑日が続く中、真夏の夜のエアコンをどのように使用すればいいのでしょうか?

今日は、夜のエアコンの実態調査を参考に、睡眠も健康も妨げない冷房機器の上手な使い方についてお伝えします。

 

■寝るときに「エアコン使用」、約90%に!

ダイキン工業が過去に行った調査によると、暑くて寝苦しい夜、エアコンを使うという人は、約90%。毎日付けているという人は、半分の50%でした。

また、寝るときに毎回タイマー設定をしているという人は、49.6%と、ほぼ半数。

ただ、タイマー設定をして眠った多くの人が、タイマーが切れたタイミングで目を覚ますということが判明。

筆者も就寝時の冷房のつけっぱなしは体に悪そうなので、必ずタイマーにしているのですが、タイマーが切れると、家族の誰かが寝苦しくて目を覚ますことが多いです。

ときには子どもが率先して目を覚ますことも…。

これなら子どもの健康に逆効果ですよね。夜中に目を覚ましてしまうぐらいなら、タイマー設定はしないほうがいいのでしょうか?

 

LINEで送る