有能ママほどやりがち!子どもに「全然伝わらない」NG叱り方3つ

176757836

“ながら族”とは、ラジオや音楽を聴きながら勉強したり、TVを見ながら食事をしたり……と何か他のことをしながら別の作業を行うことが習慣になっている人のことを指しますね。

女性は男性よりも“ながら作業”が得意と言われていますが、中でも毎日家事に育児に仕事にと忙しいママは、時短目的で“ながら作業”をフル活用しているのではないでしょうか。

でも、子どものしつけは他の作業との同時進行ではうまくいかないばかりか、かえって効率が悪い場合がたくさんあるんですよ。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が、“ながらしつけ”が良くない3つの理由についてお話します。

 

■ながらがダメな理由1:ママの言葉に力が感じられない

子どもを叱る時、お皿洗いをしながらや、洗濯物をたたみながら叱っていませんか? やっていなくても、そのシーンを想像してみてください。なんとなく、しつけの効果が薄いような気がしませんか?

これは当たり前の話なのですが、叱る側のママが集中していないと、叱られる側の子どもが話を聞かなくて当然です。ママが集中していないと、しつける言葉にも力がありません。何かをしながら叱るのと、目をジッと見て叱るのでは同じ言葉を使っていても、迫力も説得力に格段の差が出ます。

あまりに当然のことなので“いまさら”と感じるかもしれませんが、意外とやってしまいがちなことなんですよ。

 

LINEで送る