うっかり言いがち!子どもが「人の評価ばかり気にするようになる」親のNGワード3つ

242313571

“子どもは褒めて育てましょう”とよく言いますよね。けれども、やたら褒め過ぎていると“誰かが見ていたらゴミを拾うけれども、誰も見ていなければ拾わない人”になってしまう危険もあります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が褒め過ぎることで気をつけたいことについてお話ししたいと思います。

 

■「人の評価を気にする子になる」3つのNGワード

“自分軸”“相手軸”って言葉がありますよね。自分軸は“自分がどう感じる”か“自分の価値を信じる”か、相手軸は“他人からどう見られる”か相手の価値基準が中心”です。

次のような言葉をかけ続けられて育つと子どもは“ママがどう評価する”か、褒められるか褒められないかを基準に行動するようになります。実際、いつも他人の目を気にして行動する大人っていますよね。

●NG例

(1)「お片付けして偉いね」・・・ママが見ていない場所では片付けなくなる危険もあります

(2)「お友達と仲良くしてお利口さんだね」・・・見ていないところで意地悪するかも

(3)「全部食べて、偉いね」・・・人が見ていなければ残すようになるかも

良い行動をしているのに黙っているママよりはマシかもしれませんが、次のように言い換えてみた方が“自分軸”が育ちます。

 

●OK例

(1)「おもちゃ、片付けていると部屋がすっきりして気持ちがいいね」

(2)「仲良く遊んで楽しそうね」

(3)「残さず食べてくれてありがとう、一生懸命作ったからうれしいわ」

“偉いね”“お利口だね”はある意味、上から目線。そうではない相手の前では行動しなくなることもあります。ママの前ではいい子の振りをするけれど、いなければ豹変するとなっては子どもにもよくありません。褒めるときは褒め言葉にもちょっと気を付けてあげましょう。

 

■「アイメッセージ」で感謝してみよう

親は、上から目線の評価ではなく“私”を主語にして「あなたの行動でこんなにいいことが起こった、周りが助かった」と自分自身がどう感じているかを伝える“アイメッセージ”を意識しましょう。

これで子どもは、自分の行動で相手が喜んだ経験を通して、貢献意欲が満たされ、自信が付きます。そして、自分がした行動に価値を見出すようになります。すると、誰からも評価されなくても自分の価値基準で行動する大人に育っていきます。

 

■叱るときはココに注意!

叱るときもやたら「こら!ダメ!やめなさい!」「何度言ったらわかるの!」の命令ばかりだと、何故、その行動をしてはいけないのか伝わっていません。すると、“叱られなければやってもいい、見つからなければ悪いことをしてもよい”と思うようになります。

お友達の玩具を奪い取ろうとしたときは咄嗟に以下のようなフレーズを言うのではなく、

「やめなさい、意地悪しないの!」

何故その行動がダメなのか子どもに伝わる言葉を考えて以下のように伝えましょう。

「今お友達が遊んで居るから、いきなり取ってはダメよ。“貸して”と聞いてから使おうね」

 

いかがでしたか?

つい、子どもをコントロールしようと褒めることをしますが、やたら褒めていたら、褒め言葉じゃないと不満を感じたり、賞賛がないとやらない子どもに育ってしまう危険もあります。

叱ってばかりいる、何も言わないよりはマシかもしれませんが、何事も○○すぎはいけません、ほどほどでいきましょう。

【関連記事】

※ 優しいママモードはOFF!幼児期こそ「挫折体験」をさせておきたい理由

※ ●●しながらしゃべるだけ!ママ必見「子どもの脳が一気に活発になる」親子の会話術

※ 判明!「パパ」と20分以上の入浴が子どもに及ぼす好影響

※ 肌にお悩みのママ大注目!「4か月間腐らないリンゴ」の成分がすごい?[PR]

やっぱり兄弟が欲しい!「2人目妊活」に励むママがおさえたいポイント[PR]

【姉妹サイト】

実は経済的!? 今、節約女子が「ウォーターサーバー」を取り入れている理由[PR]

太って当然!? 今スグ 「基礎代謝をメキメキ上げる」のに必要なのはアレ![PR]

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る