絶対避けて!妊娠中は「ジャーサラダ」「常備菜」がNG食べ物のワケ

266360456

雨が降り続き、ジトジトとした日々が続いていますね。この時期は特に食べ物が傷みやすくなることから、小さなお子さんがいるママや、妊婦さんは特に食中毒に気を付けていることと思います。

食中毒は、食べ物についてしまった、いろいろな細菌やウイルスが原因とされています。そのため、菌やウイルスの特徴に合わせた対策が必要になるのです。

今日はこの時期、プレママには特に気をつけてほしい“食中毒を引き起こす菌”と対処法をご紹介します。

 

冷やしても塩に漬けても死なない「リステリア菌」

食中毒には、サルモネラやボツリヌス菌やブドウ球菌などによる細菌性食中毒、ノロウイルスやロタウィルスといったウィルス性食中毒などがありますが、特に妊娠中は“リステリア菌”に注意が必要と言われています。 

他の細菌やウイルスの名前に比べてマイナーなリステリア菌ですが、川の水や動物の腸管内など、私たちの身近に広く存在する細菌なのです。

リステリア菌に発症すると、大抵の場合は軽症で済み、自然に治るとされていますが、場合によっては、悪寒・発熱・筋肉痛など、他の感染症(インフルエンザなど)と区別が難しいことも。重症になると、敗血症・髄膜炎・中枢神経系症状などを引きを超す場合もあるそうです。

リステリア菌は他の食中毒菌と同じように、加熱することで死滅しますが、他の菌と大きく異なる点は“4℃以下の低温や12%食塩濃度下でも増殖する”ということ。つまり、冷蔵庫に入れたり、塩漬けにしたりという保存方法は、リステリア菌には通用しないのです! 極めて厄介な細菌ですよね……。

とは言っても、そこまでナーバスになる必要はありません。健康な大人ならリステリア菌を多少摂取してしまっても、食中毒を発症することはあまりないんだそう。他の食中毒同様、食品の賞味期限や保存方法をきちんと守ることで、対処することができます。 

そうは言っても、小さな子どもや高齢者、妊婦さんは十分に注意が必要です。特に、妊娠中に感染してしまうと、胎盤や胎児までリステリア菌に感染し、流産してしまったり、出産後の赤ちゃんにも影響が出ることが懸念されています。

アメリカで、平成22年にカンタロープ(メロンの一種)を食べた33名がリステリアによる食中毒で死亡しています。患者の多くは60歳以上だったそうですが、1人の女性患者が流産したとの報告もあるのです。

LINEで送る