オッパイがなくたって子育てはできる!子どもの成長別「パパが本領発揮できる育児」

216980701

216980701

日本労働組合総連合会『子ども・子育てに関する調査』によると、1週間の平均子育て時間は父親「16.8時間」に対して、母親「53.0時間」という結果が出ています。

家庭での子育てを分担している比率では、母親の割合は、なんと71.7%! この結果から、ママ達は子供の為にかなりの時間を費やしている事がわかります。

現在1歳3か月の娘をもつ筆者も、子どもができる前は当たり前だったコーヒーを飲みながら新聞や本を読む事が、こんなにも贅沢だと思うとは夢にも思いませんでした。

ママに自分だけの時間を作ってあげる事が、育児においてパパの最大の役割なのかもしれません。

そこで今回は、ママに自分の時間をプレゼントする為に、パパでもできる育児サポートをご紹介します。

 

■「ねんね・よちよち赤ちゃん期」にパパができる2つの育児

この時期は、オッパイのあるママがメインで子育てをする時期ですが、オッパイがないパパでもできる育児サポートがあるのです!

(1)赤ちゃんと夜のドライブ

赤ちゃんが夜寝てくれないのはママにとっては本当に辛いもの。仕事がお休みの時など、できる時で良いので夜眠れない赤ちゃんとドライブデートをしてみては?

不思議なもので、赤ちゃんって車に載せると家でのグズグズが嘘のようにスヤスヤと寝てくれる事が多いです。夜景を眺めながらのドライブは、普段の仕事のストレス発散にもなるそうですよ! この間ママは睡眠をとって休む事ができます。

 

(2)やっぱりパパは「飛行機」と「たかいたかい」

床に寝っ転がり、両足をくっつけたスネ部分に赤ちゃんを乗せ、足を浮かせて伸ばしたり胸に引き寄せたりすると、赤ちゃんは喜びます。

パパなら赤ちゃんが重くても耐えられると思うので、ちょっとお腹が気になるパパに腹筋運動も兼ねてオススメです!

他には“たかいたかい”など腕に負荷のかかるお馴染みの遊びも、体力があるパパがやってあげましょう。

 

LINEで送る