親次第でみるみる仲が良くなる!「兄弟喧嘩」の上手な対処術とは

95254843

95254843

兄弟・姉妹がいると楽しい反面、喧嘩もつきものですね。玩具を取った取られた、お菓子の量が多い少ないなど、些細なことからとんでもないバトルに発展します。

そんなバトルを見てストレスを溜めることなく、子どもに公平に叱ることができればよいのですが、そうもいきません。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が兄弟喧嘩の対処法についてお話ししたいと思います。

 

■下の子が生まれてから我慢ばかりの兄

下の子を出産する時、上の子は数日間はママとお別れになり、ここで人生初めての親との別れを経験します。

赤ちゃんが産まれたその日を境にお祖父ちゃんも、お祖母ちゃんも、パパも話題にするのは下の子のことばかり。今まで“自分王国”だった上の子はある日突然その座を奪われるのですから、そんな弟に対して何かしらのライバル心のようなものが芽生えていきます。

赤ちゃんが笑えば皆「可愛いわね~」、寝返りを打てば大騒ぎ、立ったら「スゴイスゴイ」と褒めるママ達をみて、上の子は「そんなことくらいで褒められて!」と面白くないはず。

自分も同じように皆がしてくれたことはすっかり忘れてしまっています。

そして、なんとか親の気を引こうと哺乳瓶でミルクを欲しがったり、おねしょをしたりなどの“赤ちゃん返り”がスタート。そこで、イライラしたママから更に叱られ、上の子は居場所がないように感じてしまいます。

 

LINEで送る