成長ホルモンが30%減少も…!子どもの「イビキ」に潜むコワ〜イ病気とは?

寝静まった夜に、幼い我が子が、“イビキをかいている”ということはありませんか?

ごくたまにする、穏やかなイビキであれば問題ありませんが、毎回のように耳を疑うような激しいイビキをしている、となると注意が必要です。

今日は、“幼児のイビキに潜む怖い病気と家庭でできる対策”についてお伝えします。

 

■大人だけじゃなかった!子どもにも増加中の「睡眠時無呼吸症候群」

子どものイビキが激しく、毎晩のように続き、しかも息苦しそうにしているといった場合、“睡眠時無呼吸症候群”を疑ったほうがいいかもしれません。睡眠時に呼吸が止まってしまうという怖いこの症状。実は最近、大人だけではなく子どもにも増えているのです。

睡眠時無呼吸症候群とは、厳密には、“睡眠中10秒以上の呼吸停止が7時間以上の睡眠で30回以上、もしくは1時間あたり5回以上起きる”状態です。

無呼吸症候群の大部分を占めるのが“閉塞性睡眠時無呼吸”。

閉塞性睡眠時無呼吸は、睡眠中に喉や上気道が繰り返しふさがれることで発生します。大きなイビキをかいて、睡眠中に呼吸停止を起こし、息苦しくなって突然目を覚ますこともあります。

睡眠の質が悪く熟睡ができないので、集中力の低下や頭痛、イライラの原因にもなります。重篤な場合は、成長ホルモンの30%減少などの影響も明らかにされています。

 

LINEで送る