夫婦の金銭感覚の「ズレ」が最大の壁!マイホーム購入に向けて結婚●年目までにすること3つ

結婚生活が始まる新居。ラブラブ全開で、狭くても、古くても、賃貸でも、言うなればそこは二人のお城! でも、そんな夢見心地な生活から数年経つ頃には、皆さん現実的なマイホーム購入を検討し始めるのではないでしょうか?

家族が増えて手狭になったから、賃貸料金がもったいないから、周囲の人がマイホームを買ったから……など、きっかけはさまざまかと思いますが、憧れるのは皆さん同じですよね! ただし、先立つものがなければ実現しないうえに、金銭感覚は人それぞれ。夫婦でも感覚のズレがあるため、マイホーム購入の壁にもなり得ます。

今回は、マイホームを手に入れるため、夫婦でどうベクトルを合わせていけばいいのかをお伝えします!

 

■結婚後のマイホーム、●年後が現実的!?

お金の話しの前に、皆さんいつ頃マイホームを持ちたいと考えているのでしょうか? ミサワホーム株式会社と株式会社 IBJが実施した、“結婚前後の住まいに関する意識調査”によると、“持ち家”住まいの実現について男女が意識する時期は、以下の通りになりました。

・結婚当初・・・男性25.6%、女性14.0%

・結婚3年目・・・男性51.9%、女性64.5%

半数以上の男女が、結婚3年目くらいにはマイホームが実現できるのでは、と考えています。10年目になると、男性75.6%女性89.3%と、数値はかなりアップ。

ちなみに筆者は結婚7年目にマイホーム購入に踏み切りましたが、金額が大きすぎて実感が湧かなかったのを思い出します。このように見ていくと、やはり結婚3~5年目くらいがひとつの目安になりそうです。

 

LINEで送る