意外にもアレが原因だった!続けると「6月病」になっちゃうNG健康法とは

238305211

梅雨の時期って、雨が降らなくてもどんよりと曇っているし、湿度が高くてジメジメしていて、なんとなく気分も晴れないですよね。

でも、これって実は気分だけの問題じゃないんですよ。

今日は、ヨガインストラクターでアーユルヴェーダアドバイザーの筆者が、憂鬱な梅雨を快適に乗り切るための健康法を伝授します。

 

■元気が出ないのは気分のせいだけじゃない

アーユルヴェーダでは、この世界は“地・水・火・風・空”という5大元素で成り立つと考えられています。そのため、私たちの身体もこの元素を基本とした“カパ(水・地)”“ピッタ(火・水)”“ヴァータ(風・空)”の3つの要素から成り立っていると考えられています。

人間は誰しもこの3つの要素を持ち合わせているのですが、季節によってそのバランスが少しずつ変化しています。例えば、梅雨の時期になると、“ヴァータ(風)”と“カパ(水)”が増大することになります。

3つの要素は、温める性質のもつ“温性”と、冷やす性質をもつ“冷性”という特徴に大きく分けることができるのですが、実は、ヴァータとカパは両方とも冷性の要素。

つまり、梅雨の時期はジメジメとしているけれども意外と冷えやすい季節なのです。

アーユルヴェーダでは身体が冷えることで消化や血液循環が悪くなり、体調不良になりやすいと考えられているので、梅雨の時期になんとなく元気が出ないのは、当然なことだったのです。

LINEで送る