お金のプロに聞いた!世帯年収別「人生の3大イベント」資金の貯め方

165214964

お金のかかるライフイベントを考えた時、思い浮かぶのは家族で暮らす住宅の購入、子どもの教育費、自分たちの老後資金の3つではないでしょうか?

ご家庭の事情で必要金額は変わってくるかと思いますが、ある程度必要な額を知っておくといざという時に慌てないはずです。

そこで今日は、フィナンシャルプランナーの筆者が世帯年収別に人生の3大イベントに備えておきたい貯金目安額をお伝えしたいと思います。

 

■どんな未来にいくらかかる?

●住宅購入費用

住宅購入費用として用意したいお金は、物件価格の1~2割です。2,500万円の家なら500万円、4,000万円なら800万円。頭金が1割以上あると、住宅ローンの金利優遇など借入メリットもあるのでオススメです。

●教育費

私立か公立かによって学費に1,000万円以上の差があります。そこで、お子様の高校卒業までに、公立大学4年間の進学費用500万円を貯めることを目安にしてみてください。中学受験を想定しているなら、前倒して小学校卒業までに貯められると進学後の家計がやりくりしやすいと思います。

●老後資金

月20万円の生活費で暮らせる世帯であればザックリ2,500万円。30万円はかかりそうなら、その倍の5,000万円と考えてください。後に述べるように、年収が高めのご家庭ほど生活水準が上がる傾向があります。生活水準はなかなか引き下げられないもの。高収入世帯ほど早めに老後への備えをすべきだと思います。

大きな資金を貯めるには時間がかかります。将来の収入変化に備え、複数手段で貯めることがコツです。

例えば、教育費を貯めるのに積立預金と学資保険の二本立てにする。住宅購入資金を貯めるなら、住宅ローンを組むことを想定して複数の金融機関で積み立てしつつ会社の住宅財形貯蓄制度も使うなどです。そうすることで、収入減少時に、解約ではなく、どれかを止めて(減額)対応できます。

 

LINEで送る