漢字や響きだけじゃない! 「赤ちゃんの名づけ」の重要なポイントって?

172308731

名前は親からこどもへの最初の贈り物。

漢字や画数、流行りなど、どんなことを意識して名付けをすべきかは親としてとても悩みますよね。

最近はキラキラネームとまではいかなくとも、珍しい読み方や当て字を使った名前も多く、“なるべく人と被らない名前を付けたい”親の意向が反映されているようです。

しかし、人と被らない個性的な名前を、こども自身は本当に喜んでいるのでしょうか?

今回は、自分の名前を気に入る理由から見る、親が名付けで大切にしたいポイントをご紹介します。

 

■名前が気に入るポイントは「文字表記と響き」

調査会社が、こどもを持つ20〜50代の男女480人を対象に行った『名前に関する調査』によると、「自分の名前を気に入っている」と答えた人は、特に名前の“文字表記”と“響き”が気に入っているという結果になりました。

その一方で、「自分の名前を気に入っていない」と答えた人の8割以上が“文字表記”や“響き”が気に入らないということがわかりました。

このことから、こどもが自分の名前を好きになるかどうかは“文字表記“と“響き”が重要な要素と言えるでしょう。

 

■名前が気に入らない「意外なポイント」とは

同調査では、さらなる意外な事実も明らかになりました。

自分の名前に対する“印象”を答える質問では、名前を気に入っている人の9割以上が、自分の名前は「自分に合っている」と回答したのに対し、名前を気にいっていない人の半数近くが、名前が自分には似合っておらず「名前負けしている」と答えたのです。

せっかく付けた名前が壮大すぎて、こどもにプレッシャーを与えて追い詰めてしまっているとすれば、親としてはとっても心苦しいですよね。

さらに、名前を気に入っている人とそうでない人で、差が大きかった項目は“呼びやすさ”や“覚えやすさ”。名前を気に入っていない人は、「自分の名前は他人から呼ばれにくくて、覚えられにくい」とも感じているようです。

将来、こどもが人間関係を作っていく上で名前を呼ばれたり、覚えられたりすることはとても重要なことになります。

個性的で人と被らない名前をつけるよりも、まずは本人が「自分に合っている」と自信を持つことができて、友達から覚えてもらいやすく、呼ばれやすいことを意識して名付けることが大切なのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

“名前負けしているかどうか”が、名前の好き嫌いを左右するなんて意外ですよね。

名づけの際、9割以上の親が漢字や画数、読みやすさを意識しているのに対し、名前の好き嫌いを決める大きな要因である“響き・名前負けしにくさ・覚えやすさ”については半数近くの親が重視していないという結果も出ています。

名前は初めてのこどもへの贈り物ですから、せっかくならこどもが「自分の名前が好き!」と言えるような名前をプレゼントしてあげたいですよね。

今回の調査結果を参考に、親本位ではなくこども本位の名付けをしてみてくださいね!

 【関連記事】

※ 古風な名前は就職に有利に!? 今話題の「シワシワネーム」にみるママの最新トレンド

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

夫婦生活に潤いをもたらす「マシュマロボディ」を手に入れるには?[PR]

今まで使ってた化粧水が合わなくなった!産前産後の肌荒れは●●肌のせい!?[PR]

【姉妹サイト】

いつも使い切ってしまう…「貯金0円生活」から抜け出す方法

健康維持が一番の節約!病気リスクを下げる生活習慣2つ

【参考】

「名前に関する調査」―株式会社マーシュ自主調査

LINEで送る