放っておくと子宮が飛び出す!? 産前・産後に鍛えたいアノ部分とは?

269469785

269469785

妊娠して幸せいっぱいの中、妊婦さんの多くはマイナートラブルである頻尿・尿もれ・便秘などに悩まされるのも事実。

特にお腹が大きくなる妊娠後期には、このようなトラブルに誰しも1つは悩まされるのではないでしょうか?

これは実はある部分が緩んでいるから! 出産も終えて安心しきって放っておくと、産後には子宮下垂や悪化すると子宮脱という、膣から飛び出してしまう事態に陥るかもしれません。

今日はヨガインストラクターの筆者が産前・産後の身体のしくみとマイナートラブル解消法についてお伝えします。

 

■マイナートラブルが起きる原因とは?

率直に言うと骨盤底筋群の緩みが大きな原因です。

この筋肉は骨盤の底にハンモック状についているインナーマッスルでこれが子宮や膀胱・腸などを支えています。

ただし妊娠し赤ちゃんが成長するにつれお腹がおもくなり、このハンモックのような筋肉はゆるゆるになってきま

す。この筋肉は排尿・排便時にも働く筋肉なのでこれがゆるゆるだと、くしゃみをしただけで尿が出てしまうのです。とにかく絞まりがなくなる状態ですね。

なんとか出産まで耐えて安心した後にも、このトラブルは継続することがしばしば……。

出産直後は骨盤が緩みきっていますのでとくに鍛えて絞めたい時期です。

じきに戻るだろうと甘くみていると、徐々に子宮などの内臓が下垂しはじめ、下腹部に違和感を感じたり、排せつの時に違和感があるかもしれません。それをさらに放置すると膣から子宮が出てくる子宮脱にもなりかねなくなります!

 

■産前・産後の「骨盤底筋群」の鍛え方

もちろん妊娠前からこの筋肉を鍛えておくのがベストです! ですが妊娠してトラブルが始まってからでも遅くはありません。1日でも早くトレーニングを始めましょう!!

まずは正座になります。この時弾力のあるクッションや、枕、タオルケットを丸めたもの等を内腿で挟むような感じで、そして会陰部にそれがきちんと当たっているように座ります。

呼吸をしながらその会陰部をキュッと引き上げたり緩めたりします。

イメージとしてはその挟んでいる対象物を会陰で挟んで持ち上げるような……またはおしっこを我慢するような感

じで筋肉を働かせます。できるだけお尻を固めるのではなく、この会陰部分だけを働かせるようにしましょう。

慣れてきたら対象物がなくても、食器を洗いながらでも仕事中・電車の中でもいつでも行えるでしょう。

まさかそんな部分のトレーニングをしてるなんて誰にもバレませんのでご安心を!

 

いかがでしたか?

悩む前にぜひこのトレーニングを日々の習慣にして、出産をスムーズに迎えそして産後のステキなママライフをハッピーに過ごしましょう!

【関連記事】

※ やってみて!便秘は「朝●時までに起きる」「朝食前にトイレへ」で改善できるらしい

※ 夏場の疲れ目解消に「温め」は逆効果!? 目を冷やす習慣に使いたい不思議なオイルとは?

※ 10分で効果アリ!話題の「ごま油うがい」その驚きの効果とは?

※ 夫婦生活に潤いをもたらす「マシュマロボディ」を手に入れるには?[PR]

※ 30歳過ぎて太る原因と、解決法を大公開![PR]

【姉妹サイト】

※ 健康維持が一番の節約!病気リスクを下げる生活習慣2つ

【著者略歴】

Yuno・・・ヨガとアーユルヴェーダを専門とし、自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立。また今年出産を迎える1人のママとして、特に最近は妊婦や産後の身体についてを中心に学びを深める。

LINEで送る