原因は親の叱り方にあった!子供が「どこでも騒ぐ」のを当たり前にしないためには

265755509

お手頃価格の豊富なメニューで、家族みんなが楽しめるファミリーレストラン。座席が広く、子連れにもやさしいことから、ママ友とのランチに利用している方も多いのではないでしょうか?

でも、ママ友とのおしゃべりに夢中になりすぎて、子どものこと放置していませんか? 

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どもに場をわきまえさせることの必要性についてお話しします。

 

■「ファミレス」はファミリーだけのものではない

“ファミリーレストラン”と銘打っているだけあって、家族みんなが楽しめるような工夫が施されているお店って多いですよね。

最近では、子ども用のメニューにおまけを付けたり、ガチャポンやおもちゃ、お菓子などがレジ横に並べられていたりと、子どもも行きたくなるような仕掛けがたくさんあるので、ついつい頻繁に足を運んでしまいますよね。

でも、ファミレスとはいえ、レストラン。食事をする場所に変わりありません。子連れファミリー以外にも、勉強中の学生、職場仲間とのランチなど、様々な人が集っているのです。いつもママ友と集っている公園と同じ調子で過ごすのはいただけません。 

筆者がファミレスに足を運んだ際、ドリンクバーに子ども達が群がり、あちこち触りまくっていました。また、ソファーから身を乗り出したり、走り回って大騒ぎしたり…とにかくどこかの公園のようにハチャメチャな状態です。

あまりにも騒がしいので、店員に声を掛け注意してもらうことにしました。

店員「他のお客様もいらっしゃるので、もう少し静かにして頂けますか」

すると、子どもの母親は店員をキッと睨んで

「子どもなんだから騒ぐのは仕方がないでしょ!」と、逆切れ。

そして、やれやれと言った様子で、子ども達に「周りのおばさん達が怒っているから静かにしなさい」と注意していました。

これでは、“人が怒るから静かにする、怒られなければ騒いでもいい”と子どもは思ってしまいます。しつけにならないどころか、子どもにとって悪影響しかありません。

 

■大きくなってから叱っても遅い

今はまだ“小さいから”という理由でファミレスで騒ぐことを大目に見てもらえている子どもたちでも、ある一定の年齢になると、親が人目を気にしてか、それを許さなくなります。

その時になってから「もう、6歳なんだから騒いではいけません!」と叱っても遅いのです。年齢を理由にされても、子どもは納得できませんし、一旦沁み付いてしまった習慣を直すことはとても難しいことです。

そして、親が怒るから仕方なく静かにするけれど、親が見ていなければ大騒ぎするという子どもになってしまう危険性があるのです。

 

■しつけ次第で「場をわきまえられる」ようになる

子どもはいつでもどこでも、元気に走り回ったり、騒ぐのが当たり前と思っている方も多いかもしれませんが、きちんとしつけることで“場をわきまえた行動”をとることができるようになります。

ある幼稚園では、園内にお茶室を作り“抹茶を頂く時間”を保育に組み込んでいるそうです。ここでは茶道のお作法を教えるというより、場をわきまえることを教えることが目的となっています。

抹茶をいただく時間になると、さっきまで園庭で元気に走り回っていた3歳児でも、お茶室に入ると正座をして一定時間、落ち着いて静かにしていられるようになるのだそうです。

場をわきまえられると、小学生になった時、授業中に立ち歩いたりせず、集中して座っていられるようなるでしょう。

 

いかがでしたか?

ママ友とのお喋りに夢中になっていると、周りがどんなに迷惑しているか気付くことができなくなってしまいます。子どもが騒ぐことはもちろんですが、子ども以上にママ達の甲高い笑い声に周りのお客さんが白い目を向けていることもあったりします。

ファミレスでママ友とランチをする時は気を付けたいものですね。

【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

※ 子どもの声は「騒音」か?保育園・地域住民のリアルと親が守りたい3つのマナー

※ 夫婦生活に潤いをもたらす「マシュマロボディ」を手に入れるには?[PR]

※ 30歳過ぎて太る原因と、解決法を大公開![PR]

【姉妹サイト】

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る