泣くのは悪いこと?「ウソ泣き」や大げさに泣く子の対処法

108766601

108766601

ちょっとぶつかった、自分のおもちゃを他の子が使っている、ママがあっちを向いてる……など、ほんの些細な理由でちょっと大げさに「うわーん!!」と泣く子がいます。

あまりに毎回のことだと、親としては本当に泣くほどのことなのか見極めが難しいところです。また、ちょっとしたことには動じない強い子になってほしいとも思いますよね。

今回は子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、大げさに泣く子に対する、親がすべき対応と、気持ちの持ち方を提案します。

 

■泣くのは悪いこと?

泣いている子に、「そんなに泣かないの」という言葉をかけている親御さんは多いですよね。でも泣くのは悪いことではありません。感情を素直に表現するのはむしろ良いことです。確認すべきは、「泣きたいほど、痛い・辛い・悲しい」のはお子さんであり、ママではない、ということ。「自由に泣く権利」は子どもも大人も等しく持っています。

 

■親がケアすべきは、原因のみ

泣くという行動自体を親はコントロール出来ないことを確認したら、原因を探ってみましょう。

「どうして泣いてるの?」と率直に聞いてみてはどうでしょうか。痛い思いをしていたら、手当てをして慰める。心配なことがあるなら、話を聞いて気持ちに寄り添う。不愉快なものを取り除いてほしいと思っているなら、取り除くか、それが不可能だったら代替案を提案する……など、具体的かつ前向きな行動を起こしましょう。

伝えたいのは、「ママはあなたが泣くほど痛い・苦しい・嫌だ、と思っていることを手助けしたいと思っているんだよ」という姿勢です。

 

■ 「ウソ泣き」や大げさに泣く子の対処法

もしお子さんがウソ泣きをしていたら、それは「自分が泣いたときはママはこっちを見てくれる」と味をしめているから。つまり、「ママ、こっちを見て!」という意思表示なのです。「ここまでやったのだから、もう何も出来ない」というところから先は放っておきましょう。

「関心を示さない」のは、「叱る」「怒る」よりも絶大なる効果があります。

また、もし大げさに泣いている子を見て「この子が泣くのは私のせい?」と思ったら、もしかするとママ自身に不安があるのかもしれません。「この子をちゃんと育てているか自信が無い」「育児に疲れているけれど、夫は仕事があるし助けてほしいと言えない」そんな自信の無さからそういった思いに繋がっている場合があります。

その場合は、「ここまでやったから、もう放っておこう」という境界が分からなくなってしまうので、事態はより複雑になります。まずはママ自身に向き合ってみるのも、ひとつの方法です。

 

いかがでしたか?

ママの自信のなさが、わが子を信じられない気持ちにつながる場合があります。

もし「自分はこの子に対して出来る限りのことをやれている」という自信があれば、どんなに泣いても「そういうときはあるよね」と放って置けますからね。

ママ自身をケアしてほしい、子どもたちはそこに気づいてほしくて、泣いてるのかもしれません。そんなときは、笑顔になるためにどうしたらいいか、一人で悩まず周りに助けてもらってくださいね。

 

【関連記事】

※ あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

※ 驚きのワケ!子どもが「食べない」原因はママにあるかも

※ 生命体維持だった!? 赤ちゃんが「なんでも舐めたがる」オドロキの理由とは

※ 間違ったノロウイルス対策してない?うっかり感染するNG習慣

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

LINEで送る