新入園児のママは要注意!? 五月病の原因は「自分時間」への後ろめたさだった!

198055277 

新年度のスタートから早1か月がたちました。慣れない生活でストレスが溜まりやすい、新入生や新入社員の間では“五月病”が話題となる時期です。

この五月病、お仕事をしていない専業ママには無縁と思われがちですが、実はお子さんが入園したばかりのママもなりやすいんですよ。

今回は、ママたちの5月にやってくる気分の落ち込みとその対処法についてお届けします。

 

■怒涛の入園前後を過ぎ…

今年の4月に幼稚園に入園する子どものために、3月はバッグやお道具袋などの園グッズをミシンで縫ったり、クレヨン1本1本に名前をつけたりと、園の準備で夜遅くまで大忙し。

4月に入園した後も、役員決めや参観日、懇親会などなど、いろんな行事がてんこ盛りで、保育時間も午前中までの園が多いので、慌ただしく感じます。

そして、5月の連休を過ぎたころ、ようやく保育時間が午後までとなり、園のお弁当や給食も始まります。

ママにとっての久々の“自分時間”。さぞホッとしていることだろうと思われますが、案外戸惑ってしまう方も多いようです。

 

■「自分時間」を堪能できないのはなぜ?

「やっと待ち望んだ“自分時間”を手に入れたのに、急にぽっかりと心の穴が開いたような気分になってしまった。」

筆者の周りママたちからはこんな声も聞こえてきました。

その理由として、

「家事は午前中に終わってしまうから、ショッピングに出かけても、仕事を頑張っている夫に後ろめたさがある」

「園生活は思った以上に時間に縛られていて、空き時間だけ仕事をするのは難しい」 

「降園後公園に行くと、ママ友グループができ始めていて、気をつかって疲れてしまう」

 「これまでずっと子どもと一緒だったから、『余裕をもって家事をしたい』と願っていたはずなのに、いざ自由に家事をすると全然はかどらない!」

 「周りから『ラクになったでしょ』と言われると、なぜかスゴくイラっとする。『私は全然ラクしてないし!』と思う自分がいる」

などなど、それぞれのママに思うところがあるようです。

 

■ぽっかり空いた時間は「未来の自分」に投資して

新しい環境になじめないことが原因と言われている“五月病”は、新入生や新入社員だけのものと思われがちですが、新しい環境に置かれたママもその例外ではありません。

“幼稚園児のママ=専業ママ=ラク”と考える人もいるかもしれませんが、専業ママだからこそ園と関わることが多くなります。そのため、園の時間や行事に縛られたり、濃厚な人間関係があったりと決してラクではないと言えます。

また、働いている夫への後ろめたさからなのか、“自分時間”を心から楽しめないママがいるのも事実。 

でも、子どもを送り出してから、家事や買い物を済ませると、降園時間まで残り2時間ほど。子どもが帰ってくると、夕食の準備、お風呂の準備など、どんどん慌ただしくなっていきます。

昼間から“自分時間”があると思うと、落ち着かないかもしれませんが、1日に2時間くらい自分のために時間を使ってもいいんですよ。

それでもどうしても落ち着かないようであれば、その2時間を勉強や自分磨きの時間に使ってみてはいかがでしょうか。

例えば資格取得の勉強、習い事、運動、読書など、未来の自分に投資することで、“充実感”が得られるようになります。

 

いかがでしたか?

1日中お世話が必要だった我が子が、ちょっと手を離れて、燃え尽きてしまっても無理はありません。

3年後、5年後の“輝く自分”を想像しながら、自分の時間を充実させることで、心に未来への火を灯していきましょう。

【関連記事】

※ それって「5月病」かも!? 仕事復帰ママが要注意な5つのサイン

叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

※ 「添い寝」が原因だった!? 睡眠不足でイライラしたら●●のサイズを確認すべし!

ららぽーと新三郷・イケア・コストコで楽しむ、終日ショッピングコース!

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

【姉妹サイト】

あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【著者略歴】

北川ワコ・・・東南アジア担当の海外営業、翻訳会社でのコンサルティング営業を経て、出産後の保育園探しに失敗し退職。現在は2人の男児の育児に重点を置きながら、外資系通信会社に勤務中。4世代大家族育ちで、国内外の多様な家族観に強い関心がある。また、ポルトガル語学科卒業で、ブラジルの踊り、料理に造詣が深い。昆虫、薪割り、キャンプ、何でも来いのワイルド系。

LINEで送る