将来が大違い!子どもの感性と思考力を磨く「開かれた未来の質問」とは

65859811

子どもの感性や思考力はの“普段の会話”で磨かれます。特に、親の質問の仕方でその伸び方は大きく変わってくるものです。

そこで今日は、コミュニケーションライターの黄本恵子が子どもの感性と思考力をアップさせる質問の仕方についてお伝えします。

 

■感性や思考力を磨く“開かれた質問”

会話の多くは質問によって成り立っています。だから、普段から子供にどんな質問を投げかけているかがとても大切になってくるのです。

次の2つの文は、幼稚園から帰ってきた我が子への質問です。

A:「今日は幼稚園、楽しかった?」

B:「今日は幼稚園、どうだった?」

どちらが子どもの感性や思考力をあげる質問でしょうか?

Aの質問は、基本的にYes(楽しかった)かNo(楽しくなかった)のどちらかでしか答えられません。それに対してBの質問は、自由に考え、答えられる余地があります。

人は、質問されると考えるようにできています。AのようなYesかNoかで答えられる質問は、さほど考えることなく答えられるので、感性や思考力が磨かれにくいのです。

ということで、Aが問題の答えになります。

Bのような自由度の高い質問を多く受けているほうが、感性や思考力が磨かれるのです。

ちなみに、AのようなYesかNoで答えられる質問を“クローズド・クエスチョン(閉じた質問)”、Bのような自由に答えられる質問を“オープン・クエスチョン(開いた質問)”と言います。

クローズド・クエスチョンは、YesかNoの2択でしか選べないため、答える側が窮屈に感じることもあります。そのため、自由に自分の言葉で話せるオープン・クエスチョンのほうが、話が広がり盛り上がる傾向にあるのです。

会話が多い家庭のママは、質問上手。子供やご主人によくオープン・クエスチョンで話しかけて、会話を楽しんでいます。

 

LINEで送る