当然だった!●年目以降の妻が「夫に愛されていない…」と感じがちな理由

258208736

夫が誕生日にプレゼントをくれなくなったり、大切な記念日をスルーされたりして不安になっていませんか?

「あんなに好きだと言ってたのに!」と、結婚後、ダンナ様の態度の変化に不満を持つ妻は少なくありません。妊娠・出産を経てパパとママの役割が大きくなると、ますます結婚前とは異なる関係になっていきます。

冷たくなったように感じられる彼の態度に「もう愛されていないんだ」と思い込んでしまう、“夫に愛されていない症候群”の妻が、最近とても増えているようです。

そこで今回は、『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、“夫に愛されていない症候群”に潜む危険と、満たされた結婚生活を送るためのとっておきの解決策をお伝えします。

 

ラブラブ期間は約3年

結婚する前、恋人同士だった頃の彼はどうでしたか? 優しくいつも気を使ってくれ、大切にしてくれると思えたからこそ結婚を決心したのかもしれませんね。

それなのに、いざ二人の生活が始まってみると「こんな人だとは思わなかった!」と、がっかりする一面を見てしまうことがあります。すると、ラブラブだった気持ちが冷め、急に厳しい現実を突き付けられます。

恋愛結婚をしたカップルの大半が、多かれ少なかれこのような経験をするようです。

これは、脳内の恋愛ホルモン“PEA(フェニルエチルアミン)”が影響していると言われています。

恋が始まると脳内でPEAが大量に分泌されます。すると、“幸せ”や“ときめき”を誘発するドーパミンも刺激され、頭の中はまさにお花畑状態に。相手の欠点はほとんど気にならず、好きで好きでたまらない気持ちが盛り上がってしまいます。

しかしこのホルモン、寿命があるのです。多くの場合3~4年で分泌されなくなって、盲目な恋の期間は終了してしまうのです。

ただ付き合っているだけの間柄ならそれでお別れすればいいのかもしれませんが、結婚した夫婦はそう簡単には行きません。そこからは努力をして、本当の愛を育てていかなければならないのです。

 

結婚すると男は変わる

恋愛ホルモンの影響下にない夫の態度は、一見愛情がなくなったように見えることがあります。以前のようにイチャイチャする雰囲気を求めて来なくなったり、口調が冷たくなったりもします。

だからと言って愛情がなくなったワケではありません。ステージが変わって、愛情の質が変化しただけなのです。

結婚をすると男性は、一家の大黒柱という大きな責任を負うことになります。どんな男性でも婚姻届にサインをする時、家族を幸せにする覚悟を持ちます。それは良い仕事をし、一生家族を食うに困らないようにするということ。その責任と使命感こそが、結婚後の夫の愛情の本質となります。 

そんな夫の覚悟と愛情を理解せず、表面的な態度の変化で「私は愛されていない」と思い込んでしまうとどうなるでしょう?

知らず知らずのうちに、自分が“愛されていない証拠”探しばかりをしてしまうんですね。

一日の夫婦のやり取りの中で、良いこと悪いことが両方あるはずです。ところが一度愛されていないと思い込んでしまうと、悪いことしか目に入らなくなってしまうのです。以前はしてくれていたのに、今はしてくれなくなったことばかりが目について、どんどん不満がたまります。

そして、最終的には不満が大爆発して離婚…ということもあるのです。

 

■「愛のノート」で夫に感謝する

そうならないためにも、ぜひ“愛のノート”をつけてみてください。

夫が自分のためにしてくれていることを25個、箇条書きにしてノートに書き出すのです。どんな些細なことでも構いません。「生活費を稼いでくれる」「挨拶をしてくれる」といった当たり前のことでも、自分のためにしてくれることはすべて書き出し、心の中で感謝してみるのです。

毎日目を皿のようにして、夫に何か感謝することがないか探してみてください。

次第に自分の考えが驚くように変化をしていくでしょう。

 

いかがでしょうか?

結婚生活をハッピーに過ごせるかどうかは、自分次第です。夫の愛情の質が変化することを理解して、いかに今与えられている愛をしっかり受け止められるかにかかっています。

是非“愛のノート”を書いて、幸せをキャッチするアンテナの感度を上げてくださいね!

【関連記事】

※ アナタは大丈夫?「夫に浮気されやすい妻」の意外なタイプ3つ

※ あの頃のラブラブを!「夫をもう一度好きになれる」簡単な方法って?

※ やっぱり!? 子どもが生まれても「寝室が同室」の夫婦は●●にも積極的

※ 「緑茶」がお肌に良いらしい!? 乾燥肌ママ注目の保湿法とは?

※ あのキレイなママ友の秘密はコレだった!?お肌プルプルでダイエット効果もある秘策とは

【著者略歴】

芙蓉・・・「新・良妻賢母」認定講師。結婚から22年。夫からのDV・モラルハラスメントの問題で5年間別居生活を送る。誰もが離婚しかないと思うような状況から、「新・良妻賢母」の実践により夫婦関係を修復し、新婚の時よりも仲良し夫婦に。その後45歳で自然妊娠し、元気な女の子を出産。上に大学生と高校生の子供がおり、2男2女の母となる。現在15年ぶりの赤ちゃんの育児を満喫しながら、DV・別居・浮気などに悩む妻向けの講座やカウンセリング『別居・DV・浮気に悩む妻たちへ~愛ある家族になりましょう~』を行っている。

LINEで送る