赤ちゃん返り、全然OK!? 2人目が生まれた時「上の子に絶対してはいけない」親のNG行動

96216545

「下の子が生まれた途端、上の子が赤ちゃん返りをして困っている」という話、よく聞きますよね。もう卒業したはずのおっぱいを欲しがったり、取れていたはずのオムツが必要になったり。

でも、赤ちゃん返りは子どもにとって、ごく自然な当たり前の行動です。逆に、それが全くない子のほうが心配なのです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が赤ちゃん返りをしない“いい子”がキケンな理由についてお話ししたいと思います。

 

■なぜ赤ちゃん返りをするの?

赤ちゃんが生まれると家族や知り合いが集まって、みんな大喜び!

「まあ、かわいい!私にも抱っこさせて」と、赤ちゃんを中心に盛り上がります。

しかし、その様子を見た上の子は「昨日までは自分が話題の中心だったのに…」と、大変ショックを受けます。

3歳くらいまでは、まだまだママを独り占めしたい年頃。

しかし、上の子は弟や妹が生まれた瞬間にお兄さんやお姉さんになることを要求されます。ある日を境に、「お兄ちゃんになったんだから」と言われ、たくさんのことを我慢させられると、弟や妹がママや周りの大人たちの愛情を横取りする侵入者にすら思えてきます。

そこで、「自分も赤ちゃんに戻ってママに面倒をみてもらおう」と考えます。自分に注意を向けてもらうために、おもらしをしたり、わざとごはんを残したりするのです。

そんな時でも、叱らないであげてください。かまってほしいのだけなのです。大変かもしれませんが、赤ちゃんが寝ている間にたくさん抱っこしたり遊んであげることで、心が安定してきます。

 

「ママを困らせないで」が子どもを困らせる

下の子が生まれても、最初からママを困らせる行動をしない“いい子”がいます。

もちろん、親からの愛情をたっぷり受けて育った、心の安定した子の場合もありますが、親が無理矢理“いい子”にしてしまった可能性もあるのです。

赤ちゃんが生まれる前から「もうすぐお兄ちゃんになるんだから、ママを困らせないでね」と、釘をさしていませんか?

大好きなママから強くお願いされてしまうと、子どもは赤ちゃん返りをするわけにはいかなくなります。親の理想を押し付けられ、それを真に受けて自分の感情にフタをしてしまいます。

中には「赤ちゃん返りしてママに嫌われたくない」と思い、駄々をこねることすらできなくなってしまう子もいます。ママを取られて悲しいという感情をぶつけずに、いい子を演じることでママの愛情を必死に引き留めようとするのです。

どんなにいい子のように見えても、まだ2~3年しか生きていない子どもです。先回りして「いい子でいなきゃだめよ」と念押しせずに、感情を好きなだけ吐き出させてあげましょう。

家で我慢しすぎていると、園の先生にやたら甘えるようになったり、他の子をいじめたりすることもあります。手のかからないいい子だと思ったら、園での様子を聞いて家庭での対応を考えなおすことも時には必要です。

赤ちゃん返りされるとママは困ってしまいますが、子どもは「もっと構ってほしい」とSOSを出しているのです。これに気が付いてあげることが大切ですよ。

 

いかがでしたか。

小さい頃からいい子を演じていると、時間がたてばたつほど、心に深い闇を抱えてしまい、思春期以降に爆発することもあります。

赤ちゃん返りやイヤイヤ期の“小さな爆発”は無理に押さえつけようとせずに、思う存分発散させてあげましょうね。

 

【関連記事】

将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 子ども時代のコレでほぼ決定!将来「子どもがしっかりした大人」になる遊ばせ方

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ ちっとも子どもが育たない!「ヘリコプターペアレンツ」になっている親の特徴4つ

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る