暴言が全てモラハラにはならない!? 「真のモラハラ加害者」の特徴6つ

218018887

ネット上などで頻繁に話題となっている“モラハラ”。

日本で”モラハラ”とうい言葉が一般的に知られるようになったのは、ここ数年のことです。でも、それまで精神的な暴力や、嫌がらせを受けている人が全くいなかったかと言うと、そんなことは決してないハズ。

以前からモラハラ被害者は大勢いたけれど、モラハラをしている人も、されている人も、その自覚も意識もなかったというだけなのでは?

また、暴言や嫌がらせをした全ての人のことをモラハラだと思い込んでいる人達も多いと思いますが、実はそれは大きな勘違いなのです!

今回は、夫婦問題カウンセラーである筆者が、“真のモラハラ”についてお伝えします。

 

■これが“真のモラハラ”

真のモラハラ加害者というのは、以下の事例のように日常の中でジワジワと相手の精神を蝕んでいくのが特徴と言えます。

●例1

ある日、夫が妻にこう問いかけました。

夫:「ベストセラーになった○○という本を読んだことある?」 

妻:「え?読んだことないわ」

夫:「そうだろうな~、だからお前はダメなんだよ。人間として恥ずかしくないのか?」 

妻:「……」

後日、

妻:「先日あなたが言ってた本を読んでみたわ」 

夫:「お前が読んでも何の役にも立たないし、理解も出来ないだろ?読んでもムダだよ」

 

●例2

妻が夫に熱いお茶を入れてあげました。

夫:「なんだ、このお茶は!? 熱すぎて飲めないだろ!」 

妻:「ごめんなさい」 

夫:「お前は、いつも俺を怒らせる!もう少し気を遣えよ。そんなに俺に火傷して欲しいのか?」

妻:「そんなつもりじゃ……」

夫:「お前は何をやらせても、まともに出来たためしがないな」

 

LINEで送る