専門家に聞いた!子どもの「才能を開花させる」習い事のさせ方って?

もう直ぐ、4月。子どもの年齢も上がります。時期的なものでしょうか、4月生募集の体験レッスンのポスターやチラシが目に留まります。 

周りのママ友の子どもはピアノにバレエ、英語に○○式幼児教室に通わせています。

経済的に幾つも習い事をやらせる余裕がない我が家。でも、食費を削ってまで才能の芽を潰さないように沢山の習い事をさせた方がいいのでしょうか。 

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“習い事をする時のママの心構え”についてお話します。

 

■子どもには無限の可能性がある

“子どもには無限の可能性がある。それを見つけて伸ばすのは親の役割”そんな言葉を耳にすると焦ってしまいます。

人は肌や髪や瞳の色、背が高い低いなどの体型、アレルギー体質など両親から受け継いだ遺伝子をもらってこの世に誕生します。音楽の才能、絵の才能、運動能力、そして知能も少なからずDNAの影響を受けています。

ですから、どんなに努力しても叶わない夢もあります。

0歳、手足をバタバタさせる我が子を「将来、オリンピックの水泳選手になるかも」、赤ちゃんながらしなやかな指を持っている我が子を「将来、有名ピアニストになるかも」と壮大な夢を描いたりします。でも、小さい頃から英才教育を受けて皆が皆、オリンピック選手になれるわけではなく、ピアニストになる訳ではありません。 

たいていの家庭では子どもがだんだんと大きくなってくるにつれそれが大した才能ではないと知り「ああ、そうかこの子は私の子だったわ」と気が付いたりします。

でも、子どもの適性を見抜いて遺伝的にそれほど高いものを持って生まれてこなくても、良い環境を与えたために運動が得意になった、趣味で音楽を楽しめるようになった、ピアノの先生や幼稚園の先生になったで十分なのです。最高の栄誉を手にしなくても素敵な人生なのです。 

 

■エリート一家に生まれた子は大変…!?

一般家庭ではなく、たまたま生まれた家が代々、医者。老舗旅館の名家、歌舞伎などのエリート一家だった場合どうなるでしょう。遺伝的な恩恵をある程度受け「将来、役者になる」「家業の医院を継ぐ」と最初から決められてる可能性があります。才能的にも遺伝的に引き継いでいる部分も多く、周りからすごく期待をされて育ちます。

でも、背負う物が元々大きすぎ、中には医学部の受験に何度も失敗したり、親を越すことほどにならない場合があります。そこそこ到達しても陰で“親の七光り”といわれ本人の努力に目を向けてもらえないこともあります。これで心を病んでいる人も多いと聞きます。

 

■どんな習い事をどの程度すればいい?

子どもがやりたいと望み、経済的にも時間的にも余裕があるのならばドンドンやらせましょう。

でも、子どもがお絵描き教室に入りたがっているのにお友達に釣られてピアノを習わす、野球をやりたがっているのに親がサッカーを選ぶ、こんな風に子どもがやりたいものではなく、親がやらせたいものを選んでいると嫌々取り組むことになります。これでは身に付くどころか嫌いになってしまいます。

まず、子どもが望んでいることをやらせること。そして、将来、サッカー選手にする、有名ピアニストにするなどゴールを設けないようにしましょう。習い事に通わせているという環境を与えているだけで十分。肥料をやるだけでいいのです。将来、どんな職業を選ぼうと、子どもの人生なのですから親がレールを引かないこと、そんな大らかな気持ちでいればいいのです。

 

いかがでしたか。

沢山の習い事をさせていないと親としての責任を果たしていないなんて思うことはありませんよ。

余裕があればやらせればいいのです。才能が開花する場合もあればそうでもない場合もあります。でも気にしないこと。また、子どもの習い事のために旅行や外食を控えるなんて本末転倒にならないように気を付けましょうね。

 

【関連記事】

※ 「天才児」を育てたママがしているある共通の態度とは?

※ 話題の「遺伝子キット」!わが子の才能にピッタリの習い事まで分かっちゃう!?

※ 親が怒鳴ることで子どもの心に及ぼしてしまう「恐ろしい影響」

※ 77.8%の母親を悩ます!入園前の魔の●●作業とは!?

ママの96%がほしいといった、子どもとの思い出を4倍かわいく残せるアレとは?

 

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

 

LINEで送る