小学生になってからでは遅い!親が「鉛筆の持ち方」を教えるべき理由とは

あなたは鉛筆を正しく持てますか? お箸を正しく持てますか?

ドキッとした人も多いのではないでしょうか。特に鉛筆の持ち方については完璧に正しく持てている人の方が少ないくらいです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が正しい鉛筆の持ち方についてをお話ししたいと思います。

 

■正しい持ち方をしていることで得られるメリット6つ

これまでの人生、あなたは間違った持ち方で何とか生きてこれたかもしれません。これから先、作文を書いたり、テストを受けることもないでしょう。でも、これから未来を切り開いていく子ども。どんなにIT機器が発達しても文字を書くことから逃れることはできません。

だったら小さいうちに正しい持ち方を身に付けるのがお得です。

正しく鉛筆を持てるとこんなにいい事があります。

・綺麗な字が書ける

・手、腕、肩、首、目が疲れない

・姿勢がよくなる

・勉強に長時間集中できる

・学習意欲が出て学力が向上する

・見た目が素敵。評価があがる

鉛筆の持ち方ひとつですが、正しく持てるかどうかで“人生決まっちゃう”といっても過言ではないかもしれません。

 

LINEで送る