脳科学が証明!「●歳までの本の読み聞かせ」が子どもの人生を左右する

脳科学が証明!「●歳までの本の読み聞かせ」が子どもの人生を左右する

脳科学が証明!「●歳までの本の読み聞かせ」が子どもの人生を左右する 

本の読み聞かせについては、幼児教育でも発達心理学でも、その効果が謳われていますね。

さらに、最近の脳科学の研究で、“3歳までの本の読み聞かせ”が、その後の子どもの一生を左右するという結果が出ており、その研究結果を受けて、アメリカの小児科学会が本の読み聞かせを積極的に進める方針を固めたという記事が、『The New York Times』に掲載されていました。 

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本と欧米双方の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、“本の読み聞かせ”についてお話します。

 

■0歳からの読み聞かせのススメ

驚いたことに、アメリカ小児学会では、病院を訪れた母親には、子どもが生まれた時から“本の読み聞かせ”をするように、医者の立場から勧めると言うのです。日本では、お医者さんが本の読み聞かせを勧めるなんて、ちょっと考えられませんね。

実は、“本の読み聞かせ”に関する調査研究では、3歳までに読み聞かせをしてもらっていた子は、学校での成績が良く、良い条件で就職できるため収入も多い傾向があることや、さらに就職した後も、昇給や昇進において成功している傾向がみられたというのです。

アメリカでも一部の教育熱心な親は、詩やモーツアルトを子どもに聞かせているようですが、より多くの母親が読み聞かせをすれば、優秀な人材が増え、それはひいては国家の繁栄につながるという考えからの方針決定のようです。

アメリカが国をあげて取り組むほど効果があるとされる“本の読み聞かせ”です。私達もやらない手はないですよね。

 

LINEで送る