辛~いつわりも吹き飛ぶ!マタニティライフを200%謳歌するとっておきの方法4つ

89510017

妊娠すると、女性の身体は出産に向けてこれまで経験したことのない、さまざまな変化が起こります。つわりがあったり、お腹が重くて苦しくなったり、身体が思うようにいかず想像していたマタニティライフとは違って大変な事がいっぱい。

でも、人生でそう多くはないこのすばらしい期間を、できることなら思いっきり楽しみながら過ごしたいですよね。

今回は現在妊活中の女性もぜひ知って欲しい、マタニティライフを楽しむ秘訣をご紹介します。

 

■妊婦にしか体験できない!3つの特権

(1)お腹のなかで赤ちゃんの胎動を感じることができる

男性には分からない“胎動”の感覚。自分の中に確かに命が宿っていることを実感でき、優しい気持ちに包まれます。女性の多くはこの胎動で母となった実感が増すと言います。

(2)知らない人からの優しさや気遣いにふれられる

筆者は引っ越してきたばかりの街で、妊婦のときに散歩をしていると色々な方に話しかけていただきました。

実際、こども未来財団が行った『子育て中の親の外出等に関するアンケート調査』によれば、「妊娠中・子ども連れでの外出時に体験した嬉しかったことで、半数以上の55.8%の女性が「子どもをあやしてくれた、話しかけてくれたこと」と答えています。 

次に多かった回答が、「スーパーでカゴを運んでくれた」「バスや電車内で席を譲ってくれた」といった交通機関での移動の際の周囲のちょっとした気遣いにふれた時でした。

妊娠中の何かと不安な時の人の温かさ、優しさは想像以上にうれしいものです。

(3)食生活への意識が向上する

自分が食べた物がそのまま赤ちゃんへ繋がっていると思うと、これまでは不摂生だったという人も本気で改善しようという気持ちになります。

上越総合病院の母親学級に参加した妊婦を対象に行った、妊娠前から妊娠後の食生活の実態アンケートによれば、妊娠前と比べて野菜、海藻、きのこ類、果物の摂取量が約1.5~2倍に増えたという結果が。

いっぽうで、妊娠後は外食やコンビニなどの食事をやめ、塩分を控えめにしたと答えた人も約2倍に増えていることから、妊娠後は積極的に野菜を摂ったり、身体に良い食べ物について勉強したりと食生活への意識がグンとアップすることがわかります。

 妊娠を機に食生活がガラリと変わったというママも多いと聞きます。

 

■マタニティライフの楽しみ方4つ

妊娠中にしかできない、マタニティライフの楽しみ方もご紹介しますね。

●マタニティフォトや記念スナップを撮る

現在さまざまなフォトプランがあり、実際スタジオに行ってマタニティフォトを撮ることもできますが、価格も割と高めで、人に撮ってもらうのはちょっと恥ずかしいという方はパパに撮ってもらうことをおススメします。

また、日々大きくなるお腹を自分で撮って、アルバムに「○ヶ月の時のお腹」と書いてまとめておくと、後に子どもが生まれて成長した時に一緒に見ながらママのお腹の中にいた時のお話をしてあげられます。

●マタニティ日記をつける

心や体の変化を書いてもいいですし、子どもに伝えたい面白い出来事を書いても。

出産後、子育てで悩んだりした時に読み返してみると、初心に返ることができ、「あんな時もあったなぁ」と子どもが生まれてきてくれる喜びを改めて実感できたりします。

また、次の妊娠の時に何かと参考にもなりますよ。

●エコーアルバム作り

病院によってはエコー写真をデータでくれる所もあります。

マタニティフォトとあわせて子どもが大人になった時に見せてあげるときっと喜んでくれるはず。

●赤ちゃんに話しかけてコミュニケーションをとる

ママのお腹の中にいても赤ちゃんはお腹の外で起きている多くの事がわかると言われています。ママとパパの会話を聞いているとも言われ、3歳までは“胎内記憶”と呼ばれる、お腹の中の記憶があるというのも良く聞きますよね。

ぜひママから積極的にお腹の赤ちゃんに話しかけて、一緒にゆったりとした音楽を聴いたり、お腹を撫でながらいつも一緒につながっている感覚を味わいましょう。

 

いかがでしたか?

妊娠期間は10ヶ月。長いようで短くもあります。

女性にしか味わうことのできないこの貴重ですばらしいマタニティライフを、ぜひ自分なりに楽しく過ごしてみてくださいね!

【関連記事】

※ 46%の子どもが答えた!優しいより「●●するお母さんが好き」

※ 「赤ちゃん肌=潤ってる」は間違い!? 母子でできる乾燥肌対策

※ 一人で我慢しないで!子作りに専念中のママに味方の●●があった!

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 8組に1組が●●で決断!結婚に踏み切る意外な理由とは

【参考】

※ 『子育て中の親の外出等に関するアンケート調査』 – こども未来財団

※ 『妊産婦の妊娠前から妊娠後の食生活アンケートから見えてくるもの』- 上越総合病院

LINEで送る