あら不思議!子どもが「自ら進んで片付けてくれる」ママの誘導フレーズ2つ

ママ達を悩ませる大きなしつけに、“お片付け”がありますね。

子どもがなかなか片付けなくて「早くしなさい!」と怒鳴ってばかりでイライラ……なんてことはありませんか?

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、“子どもが進んでお片付けをする方法”をお教えします。

  

■なぜ子どもは「お片付けを嫌がる」のか

 そもそもなぜ子どもはお片付けを嫌がるのでしょう?

子どもは、電車ごっこやおままごとなどおもちゃで遊んでいる時、楽しい“空想の世界”にいます。頭の中で、電車の運転手さんになったり、お姫様やお母さんになったりしています。それはそれは楽しい空想の世界です。

ところが、その世界から突然、「片付けなさい!」と鬼のような声で、引きずり出されてしまったらどうでしょう。

これでは、お片付けが嫌いになっても無理ないですよね。

大人でも楽しいこと、自分の好きなことを強制的に止めさせられるのは、面白くありません。「もっとしていたい」と子どもが思うのは当然の心理なのです。

 

LINEで送る