一番の恐怖!ママが風邪やインフルで倒れないための対策3つ

shutterstock_154905917

今年は、例年より早くインフルエンザが流行していますが、インフルエンザの予防接種は行いましたか?

子どもは2回接種なので、「風邪を引いたり、他の予防接種とのタイミングの関係があったりして、予定を組むのが大変」と子どもの方に気がいっている間に、インフルエンザが大流行……ママの予防接種をする間がなかった、という方も多いと思います。

また、子どもがインフルエンザや風邪にかからないようにと、手洗い・うがい・マスクなどをするようにしたり、栄養のあるご飯を作ったり。いろいろ努力をしていたのに、自分がインフルエンザにかかってしまったという経験をされたことのあるママも多いのでは? 

家事・育児ができなくなって、パパも大変だし、授乳中だったりすると、お薬を飲むので、おっぱいもあげられなくなるし……。ママが

風邪やインフルエンザにかかってしまうことは、なによりも避けたいことですよね。

そこで、今回はインフルエンザにかからない知恵や予防法について、ご紹介したいと思います。

 

■おばあちゃんの知恵は、理にかなった予防法!

◎体を冷やさない

今は薄手で、ファッションにも影響しにくい下着や腹巻きなどがあります。

おなか周りや腰回りを温めることは、他の病気も含め、予防することになるので、ぜひ利用して。また、“首”という言葉が含まれる部分(首・手首・足首)を温めるといい、と言われています。

スカーフや、指先のあいた手袋、レッグウォーマーなども利用しましょう。これは、本当に全然違います!

ちょっと薄着かな?という時でも、この“首という名前がつく部分をあたためる”をやってみると、なぜかあたたかい。逆に、たくさん着込んでも、“首という名前がつく部分”に何もつけていないと、ずいぶん寒く感じますよ。

◎皮膚を鍛える

乾布摩擦は有名ですが、それはちょっと大変ですよね。

そこまでではなくても、大切なのは“外との温度差と作りすぎないこと”。

外気との温度差によって、体調を崩しますので、暖房をかけすぎないように留意しましょう。

◎冬野菜やフルーツを食べる

ダイコンや白菜など、冬野菜は風邪予防になるビタミンCが豊富。

ふろふき大根や鍋ものなどで、たくさん食べるようにしましょう。

すいとんや、山梨名物のほうとう、東北地方の芋煮なども、たくさんの食材が入った栄養満点のお料理ですので、おススメです。

ミカンやリンゴも、ビタミンCが豊富なフルーツ。「こたつでミカン」という風習は、きちんと理由があったのですね。

また、“冬至にカボチャを食べる”というのもありますが、カボチャは緑黄色野菜の少ない冬に、カロテンやビタミンが多く含まれている貴重な野菜。栄養豊富な食材を食べることで、抵抗力のあるしっかりとした体作りをする、ということなのです。

バランスよく食事をとり、多少のことでは風邪などにかからない、しっかりとした体作りをしていきましょう。

 

■もっと簡単なおススメ対策法!

『クロニタス』という商品をご存知ですか?

二酸化塩素分子のチカラで“ウィルス”“細菌”“カビ”“悪臭”など、衛生環境汚染の原因をよせつけない、ウィルス除去・除菌・消臭製品なんです。

二酸化塩素+芳香の独自技術の開発により、気になる二酸化塩素のニオイも軽減!

暮らしに寄り添う、新しい“ウィルス除去・除菌・消臭習慣”は、置き型・フック・首かけ・スプレー・パウダーと、5種類のタイプがあるので、さまざまなシーンで利用できるのも嬉しいですよね。

“二酸化塩素”という言葉は聞きなれないママもいると思いますが、よく聞く“塩素”とは、まったくの別物。二酸化塩素は、フリーラジカル(不対電子)を持つ分子で、ウィルスなどを酸化することで除去してくれる、非塩素系薬剤です。工場や老人ホームや公共施設など、多くの法人や企業でも、殺菌対策として使われているのですよ。

とはいっても、まだまだ一般家庭にまでは浸透していない、次世代除菌薬剤『クロニタス』。

実は、ソニーミュージック所属のロックバンド、『イナズマ戦隊』とコラボしたWEB動画でわかりやすく説明しています!

さまざまなシーンで、お手軽に利用できるクロニタスは、大活躍することまちがいなし! 次世代除菌薬剤・クロニタスは、要チェックですよ。

毎日の生活習慣に、ぜひクロニタスもプラスして、元気に冬を乗り切りましょう!

 

【参考】

クロニタス

LINEで送る