超危険!太った自分を甘やかしてしまう「NGファッション」10個

超危険!太った自分を甘やかしてしまう「NGファッション」10個

「そろそろ本気で痩せなきゃ!」と思っているときにワンサイズ大きい服を着ていたら、「まだまだ大丈夫だ」ってなりやすいですよね。

このように自分を甘やかせてしまうと、ダイエットは成功しません。痩せるためには、”ふとガラスや鏡を見たときにうつる自分の姿に満足しないファッション”を選ぶこともたいへん重要になってきます。

そこで、アパレル企業で働いていた経験を持つ女ゴコロ専門家のLISAさんに、ダイエットの意志が弱くなりやすいファッションを教えていたただきました。「ダイエットをいつも”明日から頑張る”と先送りにしちゃう」と悩む女性は、ぜひ見直してみてください!

 

■1:ゆったりトップス

まずはトップスから。

サイズは大きくないのにゆるいデザインのトップスって、色々ありますよね。冬だと、裾も丈も長いトレーナーやパーカーだと気もゆるみがちになります。

とくにUネックのトップスは、要注意です。「Vネックなどに比べて首回りが大きく開いている分、ゆとりがあるので気を付けてください」とのこと。

選びときはしっかり首回りも確認した方がいいですね。

 

■2:バルーンスカート

上半身はそんなことないのに下半身だけが太くて、バルーンスカートを選んでしまう女性は多いです。

しかしLISAさんは、「見た感じがゆったりしているだけでなく、ウエスト部分もゴム製なので、食べてもキツイと感じないので危険です」と言います。

かわいいですが、ダイエット中は向いていないスカートのようですね。

 

■3:ジャージスカート

ウエストがゴムのスカートはまだまだ他にもありますが、厚手のジャージ生地のようなものだとさらに体型をごまかしやすいです。

ミニ丈はまだしも、なるべくジャージ生地のロングスカートを選ぶ頻度は減らした方がいいでしょう。

 

■4:ワイドパンツ

スカートが続いたので「ダイエット中はスカートを避けよう」と思うかもしれませんが、パンツにも落とし穴があります!

ワイドパンツも、着ていると「私そんなに太ってないじゃん」などと思ってしまいやすいファッションのひとつです。

気を付けましょう。

 

■5:タイパンツ

ぶかぶかのデカパンやダボパンは、全般的に脚の太さがわかりにくいので用心した方がいいです。タイパンツもデザインがとてもかわいいですが、できるだけ本気のダイエット中は避けてください。

 

■6:レギンス

ぴったりしたレギンスは大丈夫な気がしますよね。

しかし、ゴム製なのでちょっときつくても、「これくらいならいっか」となりがち。とくにレギンスパンツは引き締め効果があるので、油断禁物です。

 

■7:ブラウジングワンピース

ぽっこりしたお腹、女性は気にしやすいですよね。「ブラウジングワンピースならごまかしが効く」と思っていませんか?

このようなお腹まわりがゆったりしたデザインだと、少しずつ大きくなっているウエストサイズに気付きにくい、といったデメリットが……。

いつも着るときは、ウエストサイズを定期的にチェックしていきましょう。

 

■8:チュニックワンピース

チュニックって、ゆったりしているのにオシャレなので選びやすいファッションのひとつですよね。しかし、ブラウジングワンピースと同じ理由でNGです。

LISAさんによると、「胸下あたりなどで切り替えとなっている場合が多いので、ウエストに余裕があります。こればかり着ていると、自分の体型をちゃんと向き合いにくくなる」とのこと。注意していきたいですね!

 

■9:ニットワンピース

ダイエット中には避けた方がいいワンピースは、まだまだあります。あとは、ニットのワンピースです。

そもそもワンピースは食べすぎにつながりやすいのですが、素材が柔らかいニットだとピタッとしたものでも伸びてしまい、より一層食べてしまいます。食べすぎをおさえたいなら、着る回数を減らした方がベターです。

 

■10:黒い服

最後は、色。ここまでデザインや素材の話ばかりでしたが、実は色も重要なポイントのひとつ。黒は細く見えますし、他の服とも合わせやすいですが、逆に考えると”太ったことにわかりにくい”ということ。

また、”黒は女性を美しく見せる”という言葉もありますが、ダイエットを成功したいなら選ぶべき色とは言えません。

 

以上、ダイエット中のNGファッションをご紹介しました。

どれも食べすぎても気付きにくいものばかりなので、外出時だけでなく部屋でくつろぐときも気を付けたいですよね。

シャツとジーパンを定期的に着るようにしたり、なるべくハイヒールに合うようなファッションを選んだりすると、気持ちも引き締まってダイエットも成功しやすいです。意志が弱い女性は、まずは服選びから見直してみませんか?

 

【関連記事】

※ 「オバサンの紫外線対策」にみえない!オシャレ度キープのファッションアイテム5選

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

夫婦生活に潤いをもたらす「マシュマロボディ」を手に入れるには?[PR]

今まで使ってた化粧水が合わなくなった!産前産後の肌荒れは●●肌のせい!?[PR]

【取材協力】

※ LISA・・・コラムニスト兼恋愛作家&女ゴコロ専門家。

アパレル企業での販売・営業、ホステス、パーティーレセプタントを経て、会話術のノウハウをいちから学ぶ。ファッションや恋愛心理に関する連載コラムをはじめ、エッセイや小説、メディア取材など幅広い分野で活動中。

ブログ『LISA★ISM -気まぐれフリーランサーとぐうたらウサギの365日-』や、Twitter(@LISA_622)などでも仕事の一部を公開している。

LINEで送る