妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

妊娠中は、赤ちゃんの健康のため、妊娠前よりずっと健やかな食生活を送らないといけません。

それでは、どんなものを積極的に食べるといいのでしょうか? ランキングサイト『Top10sTop』から、“妊娠中、赤ちゃんのために意識して食べておきたいもの”トップ10をご紹介します。

 

■10位:卵

卵は、妊娠中に必要な栄養成分、ミネラルそしてビタミンAや多様なビタミンBなどのビタミンが含まれているすばらしい食べ物です。

どんな卵でも妊娠中の女性に12種のビタミンとミネラルを提供してくれます。卵にはクロリンと呼ばれる成分が含まれ、健康的な脳の発育にも役立ちます。

 

■9位:豆

大豆やレンズ豆、ひよこ豆などの豆類には数々の必須栄養分が含まれています。

豆には赤ちゃんの成長に必要なタンパク質、そして母親の消化に非常に良い繊維質もあり、たくさんの鉄分も含まれています。

鉄分は母親と赤ちゃんに酸素を運んでくれる赤血球を作り出すのに必要で、生命維持のための基礎成分です。適度な鉄分を摂取することで、妊娠期間に十分な赤血球を生成することができます。

 

■8位:緑葉色野菜

ホウレン草、ケールなどの緑葉色野菜はビタミンA、ビタミンCやビタミンKのような沢山の栄養素と十分な鉄分も含んでいます。妊娠中は最低でも大きなボール1杯ぐらいの緑黄色野菜を毎日とった方がいいです。

なお、食事の最初に野菜をとると、食事の後半でとるよりもずっと消化吸収が良くなります。

 

■7位:クルミ

クルミは妊娠中のおやつに良い食べ物です。クルミは歴史的にも健康的な妊娠をサポートしてきました。オメガ3脂肪酸が大量に含まれており、妊娠期間の険しい道のりに必要なエネルギーのレベルを高めてくれます。

 

■6位:赤カブとその葉

ほとんどの医者が妊娠期間中に摂るべきサプリメントとして推奨するのが葉酸です。葉酸は赤ちゃんの先天性の病気を回避してくれ、流産のリスクも低くしてくれます。

赤カブとその葉には、天然の葉酸・葉酸塩と呼ばれる素晴らしいものが入っています。

 

LINEで送る