8‐9ヶ月

【男の子】身長70.0~72.4cm 体重8.26~8.62kg
【女の子】身長68.3~69.8cm 体重7.95~8.01kg

体重より身長が伸びるため、体が縦にほっそりしてきます。ハイハイする赤ちゃんが増えてくる時期。運動量が増えるにつれて、離乳食の量が増えてきます。自分で食べたい欲が高まるため、スプーンを持ちたがる赤ちゃんも出てきます。食後でもおっぱいやミルクは欲しがるだけ飲ませても大丈夫。記憶力が発達し、ママやパパ以外の人への人見知りがピークになります。まだ言葉の意味は理解していませんが、名前を呼ぶと振り向く反応も見られるかもしれません。

眞々田 容子(クローバーこどもクリニック院長)

“病気に対する治療”だけでなく病気になってしまう心の状態を整えていきたいと思い、開業を決意。“心と身体をつなげる医療”をテーマに邁進中。子どもの健康として、家族全員の身体や心の状態も重視。心も身体も“家族全員が元気”でいられるように、サポートしている。

Recommended item for mom

フォローアップミルクをご存知ですか?

満9ヶ月頃から3歳頃までは、乳幼児にとって心身の発達や成長が著しく、将来にわたる発育の過程においても大切な時期です。
フォローアップミルク「雪印メグミルク たっち」は、離乳食だけでは不足しがちな栄養をバランス良く補うミルクです。

Commented by ItMama 編集部

「雪印メグミルク たっち」の特長

乳幼児の発育に大切な成分を配合しています。
・鉄強化:離乳食や牛乳では不足しがちな鉄を強化し、鉄分の吸収を助けるビタミンCも適切に配合しています。
・DHA:乳幼児の発育に重要なDHAを母乳の量に合わせています。
・オリゴ糖:母乳に含まれ、ビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖を配合しています。
・ラクトアドヘリン:乳幼児期に重要なラクトアドヘリンが含まれています。
・ヌクレオチド:5種類のヌクレオチドを母乳と同様にバランスよく配合しています。
・ビタミン類:ビタミンKやβ-カロテンも適切な量が含まれています。
・リン脂質:母乳に含まれる乳幼児期に重要なリン脂質も含まれています。

⚫カルシウムの量を牛乳に近づけています。
⚫カロリーを牛乳に合わせています。「甘すぎない」ので母乳や粉ミルクからの移行にも安心です。

あなたにオススメの記事

LINEで送る