“専業主婦”はいない!? 共働きが当たり前のチリの子育て事情

source:https://www.shutterstock.com/

チリの物価は以外にも高い!

給料は日本の半分くらいなのに、物価は日本と同じくらいなモノも多くあります。どうやって生活を送っているの?と日本の家族からは不思議がられますが、そんな環境なのでチリでは共働きは当たり前です。

経済的な理由もありますが、チリの多くの女性は、子どもが生まれても仕事を続けながら社会と関わっていきたいという人が多いからという理由もあります。

そうい語る鰐部さん。今回はそんなチリの共働き事情をイラスト漫画でご紹介いただきます。

出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)

女性も仕事をしていると、どうしても家で男性の手助けが必要になります。チリでは、女性だから家事や育児をするなどの決まりはあまりありません。

確かに女性の方が子育てに関わる時間は多いですが、そのぶん男性が家事などを手伝ったりする家庭が多くあります。

共働きをしている家庭は、おばあちゃんやおじいちゃんなどに子どもの世話を頼んだり、それでも家が回らない時はお手伝いさんに頼むこともチリではよくあります。

日本に比べて、まわりの皆で一緒になって子育てをするというのがチリ流かもしれません。

 

【イラスト・画像】
※ Flotsam / Shutterstock、著者

【関連記事】

※ 抱っこ紐で子育ては不評…!? チリで感じた「異文化体験」

※ 恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

パパの発言がママを追い詰めてしまう?【マンガ新米ママのトリセツ】#10

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る