【夏の露出に向けて】キク~ゥ!「脚にグッとくる」ヨガポーズ3つ

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

暑くなってくると、半袖や夏物のショートパンツなどを着て肌の露出が増えてきますね。そんな時ふと「あれ?今までと何かが違う!去年より太ってる……!?」なんて気づくことがあります。

特に産後は骨盤が開いた状態のままなので、そのまま放置しておくと、今まではつかなかった下半身などにプニプニお肉が付きやすくなります。

そこで今日は、これから海やプールへ遊びに行く計画を立てているという方へ、ヨガインストラクターで2児のママのYunoさんに、露出が増えるこの時期に、足見せスタイルを格好良くきめたい方へおすすめのヨガポーズを教えていただきます。

1:“内腿強化&ヒップアップ”を目指して【セツバンダーサナ】

(1)まずは両足を曲げて仰向けです。この時に、膝の下にちょうど足首がくるようにセットします。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(2)腿の間に、ヨガブロック(家に無ければ弾力のあるクッションや座布団を折り曲げたもので代用しても大丈夫)をはさみ、息を吸いながら骨盤を高く持ち上げます。

この時に膝が広がりやすくなるので、内腿でしっかりブロックを挟み、ぎゅーっと潰すようにします。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

吐く息で、背骨の上の方から、1つ1つゆっくりと背骨を降ろし、最後に骨盤が床に着地するようにしましょう。

この骨盤の上げ下げを、ゆっくりと5回繰り返します。

(3)5回終わったら、6回目に上にあがったところでキープし深く3呼吸しましょう。その間ずっとブロックを潰し続けます。そしてまたゆっくり降りていきます。

終わった後に、内腿・腿裏の筋肉が使われた感じがしたら、正しい姿勢がとれていたという証拠です。

もし腿の前側を使った感じがしたら、足の位置を少し自分から遠ざけた状態にして、もう1度試してみましょう。

 

2:“内腿強化&ふくらはぎの筋肉”を綺麗に魅せる【かかとの上げ下げ】

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(1)ここでもブロックか代用品を内腿に挟みます。そしてバランスを保つために手を壁に当てて立ちます。

(2)ブロックを内腿でしっかりと挟みながら、息を吸ってかかとを上げます。足指の付け根にグッと乗るようにして、一番高い位置まで上げましょう。そして吐く息でゆっくりかかとを床に降ろします。これをゆっくり10回繰り返しましょう。

この単純な動きでも、意外と内腿・ふくらはぎが「う~~」となります。

ブロックが緩んでこないように、内腿で力強く挟み続けることがポイントです。

 

3:“脚全体のリンパ”を流し、浮腫みスッキリ!イスを使った「前屈」

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(1)片足をイスに乗せます。(ご自身の柔軟性に合わせた椅子の高さにしましょう)

(2)両手でイスを支えて、乗せた足のつま先を持ち上げます。そしてかかとをグッと前に押し出した状態にしましょう。(辛い場合は少し膝を曲げていても大丈夫)

(3)右足を持ち上げている場合は、右の骨盤を後ろに引くようにします。そうすると、さらに正しく伸ばせますよ。この状態で、深く5呼吸繰り返します。反対足も同じように取り組みます。

これを3セット繰り返しましょう。

1つ目2つ目のポーズでは、脚の筋肉をたくさん使ったので、この前屈ポーズで最後にしっかり血液・リンパを流します。前屈と言ってもこのようにイスを使用することで、体の硬い方でもポーズを深めやすいです。

脚の筋肉を使って、最後にこのストレッチの入るポーズでしめくくります。

特にプヨプヨ感が出やすい内ももに効くように、今回はブロックを利用してみました。この3ポーズくらいなら、子どもが隣にいても、お話しながら取り組めると思いますので、ぜひお試しください!

 

(2017年06月24日の記事を再掲載しています)

【画像】
※  著者提供

【関連記事】

※ 夏日のベビーカー移動も怖くない!オススメ「熱中症&暑さ」対策グッズ8選

ヨガインストラクターが教える!「太ももダイエット」のためのヨガポーズ

ヨガインストラクターが教える「足首・ふくらはぎ美人」になるヨガポーズ♪

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る