イケアの袋を大活用!プロが実践する旅行の荷物「収納のコツ&おすすめグッズ」

source:https://www.amazon.co.jp

夏休みも近くなり、旅行の予定を立てているというご家庭も多いのではないでしょうか。

子どもが小さいと荷物は何かと多くなるものですが、子連れの旅行では、なるべく荷物を減らして、シンプルかつ取り出しやすいパッキングが重要になってきます。

そこで今回は、2児の母である思い出整理アドバイザーの磯見さんに、荷物をスムーズにまとめるコツと優秀収納アイテムをご紹介いただきます。

子連れ海外デビューにおすすめ!渡航先ランキング、1位は?

source:https://www.shutterstock.com

JTBの『パパ・ママ安心、 小さなお子様の海外デビューにおすすめの渡航先ランキング』(※)は以下の通りです。

1位・・・グアム

2位・・・シンガポール

3位・・・ハワイ 

毎年グアム・ハワイが子連れに人気の海外旅行スポットとして知られていますが、グアムにつぎ、シンガポールが2位に入っているのが興味深いですね。

シンガポールは自然が豊かでありながらも都会の魅了も楽しめる国として人気が集まっていますね。 時差が1時間しかなく、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール™もあるので子連れでたっぷり楽しめそうですね!

 

これでスッキリ!旅行時の荷物の収納術&おすすめグッズ

<ママ編>

1・家族ごとに荷物をまとめる

トラベル用の収納ポーチなどを利用して家族ごとにまとめる方法も。そんな時に役立つのが収納ポーチです。

photo by author 上記写真:左下3歳児娘の衣類 右下5歳児息子衣類の収納例
出典: It Mama(イットママ)

◎筆者おすすめの厳選収納アイテム3品

1:『トラベルポーチ 6点セット出張 便利グッズ トラベルケー 旅行用収納バッグ』 – Navy blue stripes

レバーボックス収納袋を引いてレンジケース トラベルポーチ 6点セット出張 便利グッズ トラベルケー 旅行用収納バッグ 収納ポーチ 衣類整 (Navy blue stripes)
source:https://www.amazon.co.jp

上記の商品は、筆者も愛用している収納ポーチです。荷物の量や洋服の形態にもよりますが、写真のようにくるくる巻くと大容量入ります。

また子どもごとにケースを設けることで子ども自身が入れ方を意識しながら準備ができます。(例:2日分の宿泊準備の場合)

 

2:『IKEA ISTAD プラスチック袋 アソート 合計80ピース (ピンク&イエロー)30ピース (グリーン&ブルー) 50ピース』- IKEA

☆2016NEW☆ IKEA ISTAD プラスチック袋 アソート 合計80ピース (ピンク&イエロー)30ピース (グリーン&ブルー) 50ピース
source:https://www.amazon.co.jp

また、”IKEAのISTAD”のビニール袋も便利です。サイズは0.4L~6Lまでと幅広いため、衣類の種類や用途によって活用できる優れものです。筆者宅では、トラベルポーチと併用して使用しています。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

特に子どもが小さい頃は、着替え一日分を一袋などで分かりやすく小分けするのもおススメです。4歳頃からは子ども自身で小分け準備をしてもらい、ママが最後にまとめる方法でよりスムーズになっています。

また旅行先でも、“袋ごとに取り出して自分でお着換え”もできる利点から手がかかることが少なくなりますよ。

 

3:『吊り下げられて衛生的3段型トイレタリーバッグ』- elinika 

(エリニカ) elinika 吊り下げられて衛生的 3段型 トイレタリーバッグ (00: ブラック)
source:https://www.amazon.co.jp

 

旅行の荷物でも大切なモノの一つは、ママのお化粧道具ですね。筆者はスキンケアとメイク道具がバラバラにならず、一緒に入る大きさのポーチを利用しています。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

写真は筆者の持ち物:上段(綿棒、携帯シャンプー、子ども用歯ブラシなど)中段(スキンケア)下段(メイクセット)【サイズ】27.5×17.5×10cm 【材質】 ポリエステル

化粧ポーチがまとまるのはとっても便利。またフックの部分は、旅行先の洗面所などに掛けられてる場所があれば掛けて使えて便利です。開けた時に使いたいモノが取出しやすいところもポイントです。

 

【子ども編】

子どもはリュックに準備するとよいでしょう。お気に入りのリュックなどに、常に入れておきたい1回分の着替えをまとめます。

汗をかく時期にもすぐに着替えができます。また災害対策の一つとしても準備しておくと何かと安心でしょう。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

上記の写真は、筆者の5歳男子の1回分の荷物です。かさばらないように、クルクル丸めて収納しています。ここでも活躍する袋は、イケアの“ISTAD”のポリエステル、ビニール袋。

ビニール袋の利点は、着替え後に汚れたモノをそのまま袋にしまえること。そして子どもが自分で荷物の準備をするのに、カラフルなビニール袋だとより楽しみながらできるのではないでしょうか。

これからの楽しい夏の旅行を準備する際に、ぜひ活用してみてください。

(2017年07月03日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
ルックJTB企画担当者がおすすめする 夏休み海外旅行おすすめランキング! – 株式会社JTB
※  HTeam / Shutterstock、amazon

【関連記事】

※ 「TV裏のぐちゃぐちゃ配線」がダイソーの発砲ブロックですっきり収納!

地震やほこり対策にも!プロの「隠す・見せる収納」ボックス活用法をご紹介

おむつをスッキリ収納!100均アイテムを使ったプロのアイディア&グッズ4選

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る