GWの子連れお出かけスポット紹介!「かわいい赤ちゃんが見られる」動物園・水族館5選

sousrce:https://www.shutterstock.com/
出典: It Mama(イットママ)

今年のGWは平成から令和へと改元される5月1日をはさみ、土日祝日だけで構成される10連休! そんな記念すべきGWですが、もう計画は立てられましたか?

連休中には5月5日の「子どもの日」もあり、普段なかなかゆっくり時間をかけてお子さんと過ごすことができないパパやママは、お子さんが喜ぶ場所へ連れて行ってあげたいと思っている方も多いでしょう。

今回は、動物の赤ちゃんが見られる♪今行きたい動物園・水族館をSUZUさんにご紹介いただきます。日帰りで行ける場所もありますので、まだ計画を立てていない方は、ぜひお出かけ場所の候補としてみてください。

GWのお出かけは二極化。“近場にたくさんお出かけ”がママたちの主流?

今年のGWは10連休とあって、前もって計画派の人が多いようです。株式会社エイチ・アイ・エスの発表(※1)によると、「例年より予約のタイミングが数ヶ月早く、2月時点で予約者数が前年比3倍超えで推移」しているとのこと。

一方で、旅行サービス「じゃらん」が発表したGWの国内旅行の動向では、「近場へのお出かけ回数を増やす」と回答した人が最も多いという結果に。(※2)

小さな子どもが居るファミリーは長距離移動や海外旅行は難しいので、国内かつ“近場で”楽しむ派が多くなりそうですね。

今回は、近場にお出かけ派ママたちへ、かわいい赤ちゃん動物たちに会える動物園・水族館情報をご紹介します!

子どもたちも大興奮! かわいい赤ちゃんに会える動物園・水族館5選

(1)新江ノ島水族館(神奈川県)

source:https://www.enosui.com/

神奈川県藤沢市にある新江ノ島水族館では、昨年12月には同館で初めてとなるコツメカワウソの赤ちゃんが誕生し、公募によって愛称が決まったそうです。

コツメカワウソの赤ちゃんは3頭おり、オス2頭が「オモチ」と「カシワ」、メスは「サクラ」に決定。今は親と同じ魚を食べていて、泳ぎも上手になっているそうです。成長したかわいい兄妹たちの姿を見るのも楽しみですね。

また、湘南・江の島の特産品として知られている「シラス」の生体が見られる、世界初の常設展示もあり、“えのすい”でしか見られない、生まれたばかりのシラスを間近で観察できるまたとないチャンス!

source:https://www.enosui.com/

5月31日まで、ママも大好きな愛されキャラクターバーバパパの「バーバパパ・アクアリウム in 新江ノ島水族館」を開催中ですのでぜひお見逃しなく!

 

(2)サンシャイン水族館(東京都)

昨年からベビーラッシュとなっているのが、東京都豊島区にあるサンシャイン水族館。

source:https://prtimes.jp/

昨年10月に第二回カワウソゥ選挙で10位に入賞した人気者のコツメカワウソ「マハロ」と「ラジャ」の初めての赤ちゃん「もみじ」が誕生。

性別はメスで、顔はお母さん似で性格は甘えん坊だそうです。カワウソは生後20ヵ月頃には親と同じくらいの大きさにまで成長するため、小さくて可愛らしい姿を見られるのは今だけなのだとか。

3月にはサンシャイン水族館では初めてとなるバイカルアザラシの赤ちゃんが誕生。

source:https://prtimes.jp

バイカルアザラシは国内で見られるのが珍しい生き物で、国内での繁殖はなんと2例目! しかし離乳の時期を迎える5月中旬ごろまではお目にかかれないようです。

4月にもケープペンギンの赤ちゃん2羽が誕生し、すくすく成長しているようですが、こちらもお目見えするまでにはまだ時間がかかるとのこと。今後の成長が楽しみですね!

source:https://prtimes.jp

その代わりに、生まれたばかりの赤ちゃんの重さ・見た目を飼育スタッフ監修のもと再現した『オリジナルケープペンギン赤ちゃんぬいぐるみ(上部写真)』(1,404円)をショップで購入できるそうですので、お土産にいかがでしょうか。赤ちゃんペンギンのかわいさをぬいぐるみで疑似体験できますね。

 

(3)アドベンチャーワールド(和歌山県)

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドでは、ケープペンギンの赤ちゃんが7羽も誕生したそうです。アドベンチャーワールドはトリップアドバイザー株式会社が発表した『日本の動物園ランキング2018』(※3)で1位に輝いた人気施設で、屋外で過ごすジャイアントパンダファミリーを至近距離でゆったりと観察できるのが魅力です。

source:https://prtimes.jp/

そんなアドベンチャーワールドで、2019年3月中旬から4月にかけて誕生した7羽の赤ちゃんペンギンたちにも会うことができます。

赤ちゃんたちはアニマルランド横ケープペンギン展示場で暮らしており、親鳥がエサを与える姿や、自分で魚を食べ始めるようになった赤ちゃんの様子も見られるそうですよ。すくすくと成長する7羽の赤ちゃんに会える良い機会ですので、ぜひ足を運んでみてください。

source:https://prtimes.jp/

また、オーストラリア区では、アカカンガルーの赤ちゃんを見るチャンスも。お母さんのおなかの袋の中で成長した赤ちゃんが今年2月初め頃から顔を出し始め、午前中に母親のおなかの袋から顔を出すことが増えてきたそうです。

袋から顔を出す赤ちゃんカンガルーに会えたら、お子さんとの記念写真もお忘れなく!

※母親のおなかの袋の中に隠れ、赤ちゃんをご覧いただけない場合もございます。

source:https://prtimes.jp/

また、2019年3月23日(土)にヤギの赤ちゃんが3頭誕生し、3月30日(土)からふれあい広場で会うことができるそうです。親子で仲睦まじく過ごしている様子を見に行けるチャンスです。

 

(4)伊豆シャボテン動物公園(静岡県)

静岡県伊東市にある伊豆シャボテン動物公園では、3月5日にミナミコアリクイの赤ちゃんが誕生。父「ドン」と母「ココア」の名前にちなみ「コン」と名付けられたそうです。

source:https://prtimes.jp/

母親は3 度目の出産ですが、以前に引き続き今回も育児放棄をしてしまったため、赤ちゃんが衰弱する前に保護し、飼育担当者が親代わりとなり保育器に入れて人工哺育中なのだそうです。

生後初日からほぼ毎日、体調に注意しながら温室内のジオラマ通路にあるミナミコアリクイの展示場で両親と「顔合わせ」をしているそうで、今後は離乳期がある程度終わる3~4 ヶ月ほどを目途に両親のもとへ戻れるように訓練中とのこと。

※「顔合わせ」の時間はコンの授乳のタイミングや体調により日によって異なり、中止する場合があります。

 

(5)大分マリーンパレス水族館 「うみたまご」(大分県)

大分県大分市にある大分マリーンパレス水族館 「うみたまご」では、4月にゴマフアザラシのメスの赤ちゃんが誕生。母親は「セロリ」、父親は「キャベツ」で、うみたまごのゴマフアザラシとしては初の赤ちゃんなのだそうです。

出典: It Mama(イットママ)https://www.umitamago.jp

授乳期間は2~4週間でとても短く、この期間に赤ちゃんは急成長し、全身を覆う白い体毛が生え換わり、親と同じ見た目になっていきます。

赤ちゃんの名残が残る姿を見られるのはこのGWが最後のチャンスですので、ぜひお出かけして貴重な姿を写真におさめたいですね!

 

動物園や水族館は子どもに人気のお出かけ先ですが、せっかくのGWには、かわいい赤ちゃん動物たちに出会える場所を選んでお出かけしてみてはいかがでしょうか?

【参考・画像】
カナコロ「動物赤ちゃん愛称決まる 新江ノ島水族館」
サンシャイン水族館「コツメカワウソの赤ちゃんの名前「もみじ」に決定!」
サンシャイン水族館「国内での繁殖は2例目!サンシャイン水族館では初めてとなるバイカルアザラシの赤ちゃんが誕生!」
サンシャイン水族館「平成最後の春、サンシャイン水族館はベビーラッシュ!バイカルアザラシに続きケープペンギンの赤ちゃんが2羽誕生」
 アドベンチャーワールド「この春 7羽のケープペンギンの赤ちゃんが誕生しました!」
アカカンガルーの赤ちゃんがお母さんのおなかの袋で成長中!
ヤギの赤ちゃん3頭を2019年3月30日(土)より公開いたします!
※  伊豆シャボテン動物公園「成長が楽しみな人工哺育中のミナミコアリクイの赤ちゃん」
※  大分マリーンパレス水族館 うみたまご「ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生しました!」
※1 株式会社エイチ・アイ・エス「2019年ゴールデンウィーク(4/27~5/6出発)国内旅行予約動向」

※2 株式会社リクルートライフスタイル「『じゃらん』2019年のGW 国内旅行の人気旅行先とトレンドを発表 人気旅行先ランキング 福岡が3ランクUP!」
※3 トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日本の動物園・水族館ランキング2018」
※ DGLimages、Serhiy Kobyakov / Shutterstock 

【関連記事】

GWはプチ消費で楽しもう!「ほぼ無料」の都心・近郊プレイスポット5つ

イヤイヤっ子とお出かけはうんざり…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ

お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る