【海外出産奮闘記#12】母乳育児の苦労再び!「処女乳首の受難」編

source:http://www.shutterstock.com/

大学卒業後、まともに就職活動もせず、ふと見つけた広告に応募し採用され、現代美術ギャラリーで楽しく働く私に向かって、ある日母はこう言放ちました。

「あんたはきっと“いきおくれ”て、30過ぎで猫と一緒に1人暮らしするんでしょうね」と……。

しかし、人生には時に天変地異の如き出来事が降り掛かります。25歳で出会った彼と、次の日からおつきあいをスタート。半年後に妊娠、入籍する事に!

ドタバタの海外出産後、酷寒の地ボストンでの生活から、夫の就職を機に新天地カリフォルニアに住居を移した私たち一家、そして後陣痛と恥骨痛に苛まれた2人目出産。前回は、太陽の国カリフォルニアにおける「新生児黄疸編」をお届けしました。

今回は「母乳育児の苦労再び!処女乳首の受難」編をお送りします。

 

完全母乳で育った長女、次女妊娠後10ヶ月で断乳

初めての母乳育児、長女の時は最初とても苦労しました。乳首は傷つくわ、肩はこってがちがちになるわ、思えば大変な騒ぎでした。

が、母乳育児は軌道に乗ってしまえば、いろんな意味でよいことが多いように思います。赤ちゃんと密着する幸福感、いつでもどこでも、赤ちゃんの食べ物を提供できる便利さ、泣きやまないときの最終手段を持つ安心感など、栄養面と安全面以外にも、様々な恩恵があると筆者は思います。

長女は完全母乳で丸々と育ち、次女妊娠が発覚したすぐ後、10ヶ月で断乳しました。

2人目ともなると余裕じゃないの?誰もがそう思うと思います。しかし実際はそんなことは全くなかったのです。

 

母乳育児の苦労再び

新生児の頃は、母乳の生産量が安定していません。一時間おきに泣く赤ちゃんを見て、「おっぱいが足りないんじゃないの?」「お腹空いたのかな」などなどの、他人からの言葉に心折れ、涙に暮れる方も多いでしょう。私もその一人でありました。

ですが、2人目ともなると、「吸わせ続ければ、いつかは出る」ということが分かっているので、心折れることも無いだろう……と思いきや、なんと予想外のハードルがあったのです。

●おっぱいを吸うのが下手な次女

長女に比べて、次女はおっぱいを吸うのが、最初はなかなか上手くいきませんでした。3時間かかってやっと吸い付いてくれたときなどは、「吸啜(きゅうてつ)反射は原始反射で(※)、本能のひとつではないんですか、神様……」と天を仰いだものです。

RIMG1692
吸うのが下手だった次女
出典: It Mama(イットママ)

乳首はすぐに元に戻る?

赤ちゃんは乳首を口の中でぎゅぎゅっとしごき、それから伸ばすだけ伸ばして乳を搾り出します。

訓練されていない乳首は、最初はもちろん伸びません。ですから初心者乳首は傷つき、傷口を開いて血を流し、真っ赤に腫れあがることも。シャワー後のタオルが触れるだけで、飛び上がるほどの痛さを感じる人もいます。(※個人差があるので全ての人に当てはまるわけではありません)

筆者にしてみれば、これまで何も仕事をせず、ぬくぬくと甘やかされ、安穏とした暮らしを享受してきた小娘が、突然現場にぽいと放り込まれ、キツい肉体労働を強いられるような凄まじさ、とでも言いましょうか……。

ですが、その後2週間ほど経つと、筆者の乳首はいつの間にか鍛え上げられ、どこからどう吸われても動じない、赤子の要求に応えて伸びに伸びる、立派な“ガン(岩)乳首”になっていました。

安心したのもつかの間、しばらくして次女が口をあーんと開き、カポっとくわえたそのとき、筆者は驚愕しました。

なんと、乳首は元の状態に戻っていたのです……。

その時、筆者の脳裏に浮かんだのは、“処女乳首”。いくら年子といえども、しばらく吸われないでいると、“処女乳首”に戻ってしまうようでした。

これは予想だにしない出来事でした。

乳首がこんなに大変な目にあうのだということを、世間はもっと知るべきではないか? と当時は痛さに涙を流しながら思ったものです。

そうすれば、世の夫もより妻に感謝の念を抱くというものでしょう。 これから授乳の予定のある皆さん、“処女乳首”に戻るときには、くれぐれも気をつけてくださいね!(※個人差があるので全ての人に当てはまるわけではありません)

 

筆者が使って役に立った「母乳育児」お助けグッズ

●馬油、もしくは羊油

筆者は傷ついた乳首を気の毒に思いながら、赤ちゃんが舐めても害の無い、天然の馬油や羊油を乳首に塗って、処女乳首受難期をしのいでいました。

保護の為という意味では、事前に塗っておくと良いかもしれません。

●母乳用ハーブティー

母乳用ハーブティーも売られているので、お好みのハーブを選んで飲むのもよいでしょう。茶葉は農薬がそのまま残るので、出来ればオーガニック基準の高いものが安心だと思います。

筆者はアメリカのオーガニック製品を扱うスーパーマーケットで、Traditional Medicinals社の『Mother’s Milk』ブレンドや、マリエン薬局の『授乳・乳腺炎対策ブレンド』を愛飲していました。

日本でも販売されているようですので、参考にしてみてくださいね。

RIMG2082-1
Photo by Author
出典: It Mama(イットママ)

★今回の教訓★

(1)出産のたびに、ガン乳首は処女乳首に戻ります

(2)母乳育児お助けグッズに頼ってみる

次回は「額にブツブツ!? がんばりすぎる私」をお送りします!

 

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

(2016年8月16日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
育児新百科 最新版オールカラー―月齢ごとに「見てわかる!」 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)
※ Traditional Medicinals – サプー
※ 授乳・乳腺炎対策ブレンド – マリエン薬局
※ Evgeny Atamanenko / Shutterstock

【関連記事】

※ 【海外出産奮闘記#11】カリフォルニアの日晒しの刑!? 「やはり来た、新生児黄疸」編

※ 【海外出産奮闘記#10】 出産直後にハンバーガー!? 「アメリカ出産・カルチャーショック」後編

※ 【海外出産奮闘記#9】えっ…産後にナースの前でおしっこ!? 「アメリカ出産・カルチャーショック」前編

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

※ 育児のお供!LINEの『Clova Friends mini』の魅力をママ達が徹底レビュー[PR]

※ 忙しいママの救世主!? Clova Friends miniを使うと育児がラクになるそのワケは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る