小学校入学前までに「子どもにできるようになってほしい事」と家庭でのしつけ法は?

source:http://www.shutterstock.com/

いよいよ新しい年度が始まりました! 入園した子も、進級した子もドキドキですね。

特に年長さんは、小学校入学前の大切な1年になります。この1年で、就学に必要な力を身につけたいものです。

今回は、教育コンサルタントの佐藤理香さんに、小学校入学前までにしつけておきたいことと家庭でできる簡単なしつけ法についてお話しいただきます。

小学校入学前までに「子どもにできるようになってほしいこと」

大谷大学教育学部が、入学を迎える子どもに対して、親はどのような姿を期待しているかを調査しました(※)

小学校入学前までに子どもにできるようになってほしいことを聞いたところ、次のようになりました。

1位:「自分のことは自分でしようとするようになる」(71.4%)

2位:「健康な生活や安全な行動を心がけるようになる」(67.0%)

3位:「善悪が分かり、守るべきルールを守るようになる」(64.6%)

4位:「周りの友達と協力し合えるようになる」(59.8%)

5位:「言葉を使って先生や友達と意思疎通ができるようになる」(58.0%)

大人に頼ってばかりではなく、自立心を持ってほしいと考える親が多いことがわかりますね。

また、友達や先生とのコミュニケーションも、言葉できちんと伝えたり、協力できることを求める親が多いようです。

 

家庭でできる簡単なしつけ法3つ

source:http://www.shutterstock.com/

では、どうすればこれらの力が身につくのでしょうか? 筆者の考える、家庭でもできる簡単な方法をご紹介していきます。

(1)自立心を育むためには「自分で決めさせる」

自分でやる!という意欲を育てるためには、物事を子ども自身に決めさせるのがよいでしょう。

通園準備ひとつとっても、「どのハンカチをもっていく」ということから子どもに決めさせてみましょう。次第に、ランチメニューを決めるなど難しい決定もさせていきましょう。自分で決めたら、自分で責任をもって全うすることを学ばせていきます。

 

(2)善悪やルールを守るためには「少しずつ教えてガマンさせる」

子どもに善悪やルールを守らせるためには、まずは「正しいこと」を教えなければなりません。

その場その場で少しずつ、「横断歩道は、車が来ないか確認してから手を上げて渡る」など一緒に実践して教えていきます。

子どもですから、一度教えてもすぐに忘れますし、また間違えるのが普通です。根気強く教育しましょう。時には、「順番がくるまで静かに待つ」などガマンしてもらうことも必要です。

 

(3)コミュニケーション能力を高めるためには「日々の会話重視」

年長さんになると、言葉の能力は意外と差が大きくなっています。言いたいことがあっても、のど元まででかかっているのに、言葉にできなくてモジモジしてしまう子も少なくありません。

コミュニケーション能力を高めるためには、まずは家庭での会話が良い訓練になります。色々な単語をまぜて、たくさんの話をすることでやりとりできる力が高まります。

はじめは「お母さんは嬉しかったよ」という会話でも、子どもが理解できていると感じたら、「〇〇ちゃんが幼稚園で絵を描いてきてくれたから、お母さんは嬉しかったよ」などと理由を追加します。

さらに進むと、「昨日、〇〇ちゃんが幼稚園でうさぎの絵を描いてきてくれたから、お母さんは嬉しくてお父さんにも見せたんだよ。」というように、少し長めの会話も楽しめるようになります。

子どもも次第に親のまねをして話しだすようになりますよ。

具体的に力をのばす方法を書いてみましたが、子どもが嫌がっていたり、無理にさせるのはよくないでしょう。あくまでも楽しく、毎日の生活の中で自然にやってみてくださいね!

 

【参考・画像】
「幼児教育・小学校教育に関する保護者の意識調査2019」2019年、大谷大学
※ Sofi photo、 Maria Symchych / Shutterstock

【関連記事】

慣らし保育での「ギャン泣きっ子」に言ってあげたい、魔法の一言って?

※ 【ママの時短ワザ】栄養価を逃さない「自家製冷凍野菜」の作り方

※ ドキドキの保育園デビュー!1日でも早く「園生活に慣れるコツ」3つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

※ 育児のお供!LINEの『Clova Friends mini』の魅力をママ達が徹底レビュー[PR]

※ 忙しいママの救世主!? Clova Friends miniを使うと育児がラクになるそのワケは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る