チリでは女の子が足を組むのは「いいね!」!? 国が違えば価値観も違う

出典: It Mama(イットママ)

南米のチリは、さすがラテンの国ということもあり、子どもは小さい頃から自己表現力が強い子が多い気がします。国が違えば求められるものも違うことを感じます。

そう語る鰐部さん、今回はチリで娘さんたちを育てながら女の子について感じたことを漫画でご紹介いただきます。

出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)

国が違えば社会から求められることも違う。日本とチリは地球の反対側で考え方が全然違う時に驚かされることもあるけれど、何が正しくて何が間違っているかではなく、ただ育った環境の違いでそれぞれの人たちの考え方が違うだけ。

2020年には日本でオリンピックも開催され、これからもっと国際交流が進んで行くと、色々な価値観の外国人もたくさんいる中で子ども達も育って大きくなっていくでしょう。

どこの国であれ、違いを受け入れて尊重できるような大人に成長していくと素敵だなぁと思います。

 

【イラスト・画像】
※ 著者、Kamira / Shutterstock

【関連記事】

※ 海外でも通用する!「外国語の響きをもつかわいい女の子の名前」20選

日本より夜更かしをする子が多い!? チリの子ども達の週末の夜の過ごし方って?

※ 【海外出産奮闘記#5】できちゃった婚の私たち、次は「年子妊娠」!? ~新天地カリフォルニア編~

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【3/31まで読者限定プレゼント♡】赤ちゃんに優しいアイテムが当たる![PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

育児のお供!LINEの『Clova Friends mini』の魅力をママ達が徹底レビュー[PR]

忙しいママの救世主!? Clova Friends miniを使うと育児がラクになるそのワケは?[PR]

ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る