春先まで油断しちゃダメ!呼吸器専門医に聞く「子どもの感染症予防」

source:http://www.shutterstock.com/

春先まで油断ならない、風邪やインフルエンザなどの感染症。

4月から保育園がスタートし、職場復帰されるママは特に子どもが辛い思いをしないためにも、周囲の子どもたちに移さないためにも、この時期の健康管理には気を付けたいものです。

そこで今回は、子どもの感染症予防について、Nao Kiyotaさんが『長生きしたければのどを鍛えなさい』(SB新書)の著者であり、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生(呼吸器内科専門医)に伺いましたのでご紹介いただきます。

感染症のための喉のケアが必要なワケとは?

大谷先生いわく、

風邪やインフルエンザなど感染症のウイルスは、主に飛沫・接触感染で鼻や口から気道に侵入します。侵入してきたウイルスをシャットアウトするはたらきを担うのが“喉”。喉にある線毛が口側に向かってなびき、気道に侵入ようとする異物を口へと戻しています。

子どもも予防のための喉のケアが欠かせないようです。

次に具体的な対策について伺いました。

 

感染症から子どもを守るには「喉の潤い」キープが重要

source:http://www.shutterstock.com/

ウイルスに対抗するはたらきが未熟な子どもの感染症予防は、どのように行えば良いのでしょうか。大谷先生は次のように語ります。

侵入したウイルスに対抗する線毛の働きは、喉がうるおっていることで正常に機能します。湿度が低く乾燥した冬の季節は、喉も乾燥しがちです。喉の未熟さに乾燥が重なると、さらに感染症にかかりやすい状態に。日頃から喉を潤す工夫を取り入れることが大切です。 

特にインフルエンザウイルスは、気道に入ると比較的短時間で感染するため、1日数回の水うがいだけでは予防しきれないことも。喉を潤すケアは1日中、水うがいはこまめに行いましょう。

春はもう間近と言えども寒暖の差が激しいこの季節、喉の乾燥に注意して、まずは帰宅時の水うがいをお子さんに習慣づけたいですね。

喉を潤すケアについては次にご紹介します。

 

家庭でできる子どもの感染症予防の工夫3つ

大谷先生に、喉の潤いを保ちウイルスに負けない体を作る工夫を3つご紹介いただきました。

(1)こまめな歯磨き
口腔内の細菌数を減らすことも、インフルエンザ予防に欠かせません。1日3回の食後に加え、おやつの後など、こまめに歯磨きを行いましょう。

(2)こまめな水分補給
喉を潤すには、水分が欠かせません。一口の水分補給をこまめに行うよう心がけましょう。

(3)食事には「きのこ」や「レモン」などを取り入れて

source:http://www.shutterstock.com/

風邪やインフルエンザなどのリスクを軽減するビタミンDを積極的に取り入れましょう。ビタミンDが豊富なきのこを、鍋やスープなど身体を温める料理で取り入れるといいでしょう。中でもまいたけはビタミンDの含有量がトップクラスです。

また、特に疲れている状況での風邪予防として、ビタミンCを多く含むレモンがおすすめです。

子どもがかかりやすい冬から春にかけての感染症。予防のポイントは日々のうがい・手洗い、生活リズムの整えに加えて“喉の潤い”をキープすることにあるそうです。

食事では、ビタミンDを積極的に摂るとよいとのことで、含有量の多い野菜などを意識して毎日の献立に取り入れてみるとよさそうです。

この時期のお子さんは新しい環境に慣れずストレスが溜まることが多いと思いますので、食事面での体調管理から万全にサポートしてあげたいものですね。

ぜひ今日ご紹介した内容を参考に、家族の健康維持のための工夫をされてみてください。

 

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【取材協力】
大谷義夫先生(池袋大谷クリニック院長)・・・1963年、東京都に生まれる。1989年群馬大学医学部卒業。九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、同大学呼吸器内科兼任睡眠制御学講座准教授、米国ミシガン大学留学等を経て、2009年に池袋大谷クリニックを開院。医学博士、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医。

 

【画像】
※ Alexander Raths、ucchie79、Rebecca Fondren Photo / Shutterstock

【関連記事】

※ 保育士さんはどうしてる?「園児の寝かしつけ技」教えて!

保育園への適応力をつけるために「慣らし保育」からしておきたい3つのコト

うちの子も花粉症デビュー!? 「キッズにおすすめの花粉症メガネ」10選

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【3/31まで読者限定プレゼント♡】赤ちゃんに優しいアイテムが当たる![PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

育児のお供!LINEの『Clova Friends mini』の魅力をママ達が徹底レビュー[PR]

忙しいママの救世主!? Clova Friends miniを使うと育児がラクになるそのワケは?[PR]

ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

 

LINEで送る