全然寝てくれない!夜泣きでぐずるわが子と子守歌 #01

source:https://www.shutterstock.com/

現在はすくすく大きくなった長女が生まれた時、筆者はママ0歳。抱っこの仕方も、授乳の仕方も、子守唄さえも歌ったことのなかった出来立てホヤホヤのママでした。

 

今日は、鰐部さんが体験した、出産直後の病院でドキドキ不安だった時を、イラスト漫画でご紹介いただきます。

出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)
出典: It Mama(イットママ)

記憶の奥の方でうっすらと覚えていた子守唄は、昔懐かしい筆者の母が歌ってくれたものでした。子守唄を歌いながら、泣くわが子を抱きしめながら筆者もホロホロと涙が止まらなかったのを覚えています。

現在長女は5歳になり、今あの時のことを振り返ると初めての育児に右も左も分からず、子どもが泣くだけで頭の中がいっぱいになっていたことを懐かしく、また微笑ましく思い出します。

もしかしたら、右も左も分からず不安で同じような経験をするママたちもいるかもしれません。

「赤ちゃんが泣いても大丈夫、子育てが初めてで戸惑っても大丈夫、色々と日々ママも勉強だから大丈夫!」そう思ってどーんと構えていきましょう!

筆者も、過ぎ去ってみれば今はいい思い出となっています。ぜひ、日々変化する新生児の特別な時期を大切に、楽しみを見つけてみてください。

 

【イラスト】
※著者

【関連記事】

※ 5分で完成!保育園に行く朝の簡単「子どもヘアアレンジ」5選

3歳児の遊び食べ対策「おやつ抜き作戦」結果は…? #02

※ 「もう泣きたい!」日本へ27時間越えの子連れ長距離フライト #01

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 出産前から始めたい︕初心者ママにおすすめのお金の運用術とは︖[PR]

※ 秋冬出産ママは絶対準備して!小児科医ママがおすすめする「鼻水ケアグッズ」とは[PR]

 小児科医に聞いた「赤ちゃんの肌を考えたベビー用品選びのポイント」は?[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る