デザイン性だけじゃない!「海外ブランド派に人気のベビーカー」8選

source:https://www.shutterstock.com

おしゃれでスタイリッシュ、デザイン性の高い海外製のベビーカーは、流行に敏感なママ達から大人気です。

人とあまりかぶることなく、日本にはないデザインが大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

今回はおしゃれなだけでなく安全面を考慮した設計も多い海外製ブランドベビーカーをYuzuponさんにご紹介いただきます。

海外ベビーカーの特徴は?

海外ベビーカーは、おしゃれで可愛いということが注目されがちですが、操作性も優れているものが多いようです。

ハンドル、シートの位置が日本製のものより高めに作られており、シートなどの衝撃吸収性もしっかりとしたものが揃っています。

三輪タイヤのベビーカーならタイヤ径が比較的大きく作られているので、ガタガタ道でも楽に走行でき、小回りが利いて方向転換もしやすいようです。

一方で心配点と言えば海外製品のメンテナンスと重さでしょう。メンテナンスはほとんどの有名ブランドは日本に支社を置き窓口を設置しているので安心してよいと思います。

重量については、使う人のライフスタイルにも関係してくることだと思いますので、お子さんを育てる期間、どういった生活スタイルなのかを考えた上で各メーカーのサイトで重量をチェックして選ぶことをオススメします。

 

人気の海外ベビーカーブランドは?

有名人のインスタグラムを見ても海外製のブランドベビーカーを使用している人はとても多いですよね。

オランダ生まれの『Bugaboo(バガブー)』ノルウェーデザインの洗練された『STOKKE(ストッケ)』おしゃれなイタリアから『Inglesina(イングリッシーナ)』など人気がありますね。

それでは人気の最新ベビーカーをご紹介します。

 

人気の最新 海外ベビーカー8選 

(1)サイベックス  MIOS ミオス

【正規代理店取扱商品】サイベックス CYBEX 両対面ベビーカー MIOS ミオス (生後1ヶ月~4歳頃まで) キャノピー&ヘッドクッションセット【スターダストブラック】×クロームフレーム
source:https://www.amazon.co.jp/

片手でさっと簡単に折りたため、自立するので収納場所を取ることもなく移動中、お出掛け先でも便利なミオスは、横幅がなんとたったの50cm。狭い道も改札口もスイスイ通ることができます。

エアスルーメッシュシートを使用しているので、暑い夏も抜群の通気性で快適に過ごすことができるのではないでしょうか。クールなデザインはママだけでなくパパにも人気があり、走行性、操作性もさすがドイツ製!と口コミでの評価も高いベビーカーです。

本体サイズ:W50×D85-111×H98-108cm

本体重量:8.7kg

対象年齢:1ヶ月〜48ヶ月

 

(2)baby jogger(ベビージョガー) コンパクトベビーカー city tour (シティツアー) 

baby jogger(ベビージョガー) コンパクトベビーカー city tour (シティツアー) オニキス BK 5歳まで使える & 小さくたためる & 背負えるキャリーバッグ付き 2022279
source:https://www.amazon.co.jp/

ベビージョガーの「シティツアー」は5歳まで乗れて、3つ折りになるコンパクトベビーカーとして人気のベビーカーです。背負えるキャリーバッグも付いているので旅行時に収納して運べて便利ですね。

また、無段階リクライニングが可能なので、フラットにして赤ちゃんを寝かせたり、起こしてお散歩を楽しんだりと様々なシーンに合わせて調整ができそうです。タイヤが太く作られているので、でこぼこ道でも振動が最小限に抑えられるように作られています。

本体サイズ:(開)幅約45.5cm×高さ約108.5cm×奥行き約93cm(閉)幅約45cm ×高さ約55.6cm×奥行き約24.2cm 

対象年齢:生後6ヶ月〜5歳頃(体重20.5kg)まで

本体重量:6.4 Kg

 

(3)バガブーbee5

sourcehttps://item.rakuten.co.jp/

安定もよく操作性も優れているバガブーからbee5をご紹介します。こちらの商品は、デザイン性も高く、ベース2色、シート6色、サンキャノピー11色、グリップ3色、ホイール2色と各パーツの色をカスタマイズできるとおしゃれママ達から人気の高いベビーカーです。

タイヤは、独立した4輪サスペンション、ラバー旋回式ホイールを使用しているのでスムーズな方向転換と安定した走行ができます。16インチで(約15cm)ガタガタ道などを走行しても衝撃も少なく、パンクの心配もありません。

本体サイズ:幅53.5cm×高さ90cm×長さ86.5cm

対象年齢:新生児~

本体重量:8.9kg

 

(4)ストッケ STOKKE エクスプローリー

ストッケ エクスプローリー ディープブルー
source:https://www.amazon.co.jp/

ノルウェー発のブランド、ストッケから「エクスプローリー」のご紹介です。ハイシートで赤ちゃんとママの距離が近く対面・背面の両方に対応し5段階のリクライニングができるので、赤ちゃんが一番乗り心地の良い位置、月齢に合わせてシートを調節することができます。

本体サイズ:長さ75-102x高さ89-123x幅56.5

対象年齢:6ヶ月〜15kgまで

本体重量:12.1kg

 

(5)イングリッシーナ ジッピーライト

イングリッシーナ ジッピーライト ゴルフグリーン 軽量・コンパクトタイプの海外ベビーカー
source:https://www.amazon.co.jp/

イタリア生まれのイングリッシーナのジッピーライトは、新生児期から3歳頃まで使える背面式ベビーカーになります。コンパクトサイズで日本の自動改札もスイスイと通ることができます。(49cm)ワンタッチの片手操作が可能となっており、お出かけには最適な1台。

折りたたむとB4サイズほどのスペースにすっぽり収納できる人気のベビーカーです。

本体サイズ: (開)幅49×奥行き80×高さ102cm (閉)幅31×奥行32×高さ96cm

対象年齢:3ヶ月〜36ヶ月

本体重量:6.9 Kg

 

(6)ブリタックス B-AGILE3 

britax ベビーカー B-AGILE 3 コスモブラック 1ヶ月~4歳頃対象 【日本正規品保証付】 BRX23118
source:https://www.amazon.co.jp/

ドイツの先進技術で作られた、安全性能も備わったベビーカーB-Agile3。その技術が世界的に高く評価されており、フォルクスワーゲンとの共同開発やメルセデスベンツのチャイルドシートにも採用されているそうです。英国王室も愛用しているなど信頼性が高く人気があります。

3輪ベビーカーは頑丈だけど重いというイメージがありませんか? こちらのベビーカーは、軽量アルミニウムを使用し、7.8kgまで軽量化に成功しています。リクライニングもフルフラットまで調節可能、片手で開閉操作ができるママ、そして赤ちゃんに安心なベビーカーと言えるでしょう。

本体サイズ: 幅58×奥行き90×高さ100cm

対象年齢:1ヶ月〜48ヶ月

本体重量:7.8kg

 

(7)マクラーレンディランのキャンディーバークエスト

Maclaren マクラーレン ベビーカー Dylan's Candy Bar Quest ディランのキャンディーバークエスト
source:https://www.amazon.co.jp/

イギリス生まれのベビーカーブランド、マクラーレンの2019年モデル、『キャンディーバークエスト』。

デザイナーラルフ・ローレンの娘ディラン・ローレンが作ったブランド、ディランズ・キャンディーバーとのコラボレーションモデルとして話題を集めています。

お子さんが寝てしまっても、片手操作でそっとリクライニングにすることができます。片足で操作できるブレーキは衝撃が少なく、ベビーカー自体の動きが軽いので段差も難なく乗り越えられ、操作もスムーズ。赤ちゃんとどこまでも行きたくなるような楽しいデザインのベビーカーです。

本体サイズ:47cm x 77.5cm x107cm

対象年齢:0ヶ月〜

本体重量:7.19kg

 

(8)三つ折りベビーカー Yoyo+0+6+(ヨーヨープラスゼロプラスシックスプラス)

source:https://item.rakuten.co.jp/

コンパクト&軽量な三つ折りベビーカーのヨーヨー。フランス生まれのベビーカーはおしゃれなママ達に大人気です。

おもちゃのヨーヨーで遊ぶ時のように簡単に3つに折り畳むことができるコンパクトさが特徴です。

最新モデルのyoyo+0+6+(ヨーヨープラスゼロプラスシックスプラス)は、女性でも肩にかけ持ち運ぶことができ、機内に手荷物として持ち込めるのも嬉しいポイントです。(※航空会社により基準が異なりますので事前にご確認ください)

首がすわるまで0+の座席ベースを使用し、首が座ったら6+の座席ベースに取り替え、3歳まで使用することができるそうです。バスケットのサイズも大幅アップしているとのこと! どこへでも赤ちゃんと気軽にお出掛けできるヨーヨープラスゼロプラスシックスプラスなら、お出かけ時の活動範囲が広がりそうですね。

 

本体サイズ:(開) 奥行き86cm×幅44cm×高さ106cm(閉)奥行き18cm×幅44cm×高さ56cm

重量:[0+] 6.6kg / [6+] 6.2kg

適応体重:最大18kgまで

 

海外製のベビーカーは、国の安全基準に準拠して作られており、安全性が確保されていますが、その国の環境などに合わせて作られているので、サイズ、重量、ご自身のライフスタイルに照らし合わせ購入を検討してください。

ポップだったり、美しいフォルム、コロンとした可愛らしい見た目だったりと、日本にはないデザインや色合いが魅力的な海外製ベビーカー。出産準備品として、セカンドカーとしてもお気に入りの一台が見つかりますように。

 

【参考・画像】
※1 サイベックス  MIOS ミオス
※2 ベビージョガー シティセレクトLux
※3 バガブーbee5
※4 ストッケ エクスプローリー
※5 イングリッシーナ ジッピーライト
※6 ブリタックス B-AGILE3 
※7 マクラーレンディランのキャンディーバークエスト
※8 三つ折りベビーカー Yoyo+0+6+(ヨーヨープラスゼロプラスシックスプラス)

【関連記事】

※ 子どもが愛情不足にならないために、ママに「必要なこと」とは?

※ 恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

※ やりがちだけど実は「子どものわがままが悪化しやすい」親の態度

※ 秋冬出産ママは絶対準備して!小児科医ママがおすすめする「鼻水ケアグッズ」とは[PR]

※ 出産前から始めたい︕初心者ママにおすすめのお金の運用術とは︖[PR]

【産後の肌対策】2人目出産ママが体験した「エイジングケア」と優秀アイテム[PR]

 小児科医に聞いた「赤ちゃんの肌を考えたベビー用品選びのポイント」は?[PR]

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る