【発注NO.14782】歯列矯正前にしたい!きれいな歯並びの土台作りとおすすめアイテム3選

「1歳で乳歯が何本か生えてきたけど、デコボコと並んでいて、心配だわ…」
 
このように赤ちゃんや小さなお子さんの歯並びを心配され、診療室でも「赤ちゃんの歯が斜めに生えてきたけど大丈夫ですか?」といったご相談を受けることが増えてきました。
 
また、「幼児期のうちに何か将来の歯並びのためにできることはありませんか?」といったご質問から、ママ達のお子さんの歯並びへの“予防的な関心”も高まっているように感じます。
 
今回はママ歯科医である筆者が、「歯列矯正前にしたい!きれいな歯並びの土台作りとおすすめアイテム」をお伝えします。
 
1歳〜2歳、きれいな歯並びの土台作り&おすすめグッズ
生え始めた歯は、唇や舌や口周りの筋肉、指しゃぶりのような外からの持続的な力など、様々な影響を受けます。
 
土台というと、顎の骨が大切と思われがちですが、呼吸や食べ方、飲み方、姿勢なども実はきれいな歯並びの土台作りに関係しています。
 
おっぱいを飲むことと違い、食べることは「学習」によって獲得できる機能です。赤ちゃんは自然に離乳食を食べられる気がしますが、本当は正しい食べ方飲み込み方を学ぶことが大切です。スプーンは下唇にのせ、上唇が閉じるのを待つ、手づかみ食べで前歯でかじり取るような動きを覚えていくといった段階をふんで進めていきましょう(※1)。
 
また、抱っこのときはお口が閉じやすい姿勢で抱いたり、子どもが口を閉じて鼻で呼吸することに気をつけてみましょう。風邪を引きやすい乳幼児の時期は鼻が詰まっていたら耳鼻科や家庭で鼻詰まりをこまめに吸引してあげましょう。
 
おしゃぶりは1歳を過ぎたら少しずつ使用時間を減らしていき、2歳半ころには卒業できるといいですね。
 
<便利グッズ>
● チュチュベビー デンティスター3(※2)
対象年齢 1歳〜3歳、ドイツの歯科医師が考案したおしゃぶり卒業のお助けグッズ。指しゃぶりやおしゃぶりがやめられない、お口で呼吸している子どもへ。吸うから噛むへ、口を閉じさせる設計で、口呼吸から鼻呼吸に移行することを手助けしてくれます。
 
3歳〜5歳でおうちでできること&おすすめグッズ
(1)正しい食べ方、飲み方を身につける
歳を取ってもいつまでも食事を楽しめる健康なお口作りは小さなころから始まっています。一口30回奥歯でモグモグ噛む運動を身につけましょう。
 
この時期は、食べ物を水分で流し込むクセをつけないように気をつけましょう。また、早食いや丸のみしないよう、食事を楽しめるとよいですね。食べるときはお口を閉じましょう。
 
(2)指しゃぶりは年齢に合わせて経過を見る
指しゃぶりがある場合は、3歳ころまでは経過を見ていきます。3歳を過ぎ、頻繁な指しゃぶりがあるときは小児科や小児歯科で相談してみましょう(※3)。
 
(3)口呼吸やお口ぽかんに気をつけて
口呼吸は風邪を引きやすいなど、歯並びだけでなく健康にとっても気をつけたいポイントです。医師の今井一彰先生が考案された『あいうべ体操』もおすすめです(※4)。
①【あ】お口を大きくあける
②【い】口角を上の方に引き上げる
③【う】お口の周りの筋肉に力を入れる
④【べ】舌をべーっと思い切り出す
(あごが痛い場合は、【い】と【う】だけでもOKです。)
舌の正しい位置は、上のあごに吸盤のようにピタッとくっついた状態です。親子で体操して、舌の位置にも注目してみましょう。
 
<お口ぽかん対策グッズ>
● りっぷるとれーなー(松風)(※5)
お口がぽかんとあいた状態を予防するために、口輪筋をトレーニングするグッズです。小さな子どもの場合はママが引っ張ってあげましょう。
 
● トレーニングフーセンガム(※6)
口笛、風船を膨らます、風車をふーっと回す、キャンドルを吹き消すといったお口を使った遊びは意外と口周りの筋肉を使います。このガムで風船を作ることで口に関係する筋肉を鍛え、またガムをよく噛むことで、咀嚼や唾液を飲み込むトレーニングも行えます。
 
(4)他にもこんな癖に注意
下唇をかむ、爪かみ、タオルをかむ、うつ伏せ寝なども影響することがあります。
 
これらの癖を見つけたら強い口調で注意しないよう気をつけましょう。癖を見かけたら別の遊びに誘ってみたり、親子であいうべ体操などに取り組んでみるのもよいでしょう。
 
歯並びやかみ合わせが心配なときは、トレーニンググッズを使う前にまずは小児歯科や矯正歯科で相談することをオススメします。現在は様々な歯列矯正グッズが販売されていますが、使い方によっては、あごに負担の出る場合や適切な使い方ではないこともあります。小さな子どもの場合は特に、かかりつけ医を見つけ、歯の生え変わりや成長を定期的にチェックしてもらうことをオススメします。
 
幼児期から歯列矯正をする場合の注意点は?
小学校入学前の幼児期から歯列矯正をする場合、成長が止まるまで長期にわたることがあります。
 
高校生頃になるまで長期にわたって通いやすいかどうか、費用は総額どのくらいかかるのか等、よく確認してからスタートすることをおすすめします。日本小児歯科学会のホームページには小さな子どもの歯並び・かみ合わせについて詳しく解説されています(※7)。かみ合わせによっては、幼児期から歯科矯正を始めた方がいい場合もありますので、小児歯科や矯正歯科で相談してみましょう。
 
幼児期は、よく噛んで食べる、鼻で呼吸する、正しい飲み込み方、普段の姿勢や寝る姿勢など身近な生活習慣を整える大切な時期です。
 
また残念ながら、乳歯の歯並びをきれいにしたら永久歯もスムーズに整う、という保証はないのが現状です。癖などを整え、ベストな時期に少しでも子どもの負担の少ない治療を行なって健康に食べられるお口のゴールを目指したいものです。
 
いかがでしたか。
 
きれいな歯並びを整えるためには、乳幼児期からおうちでできることがあるのだと、意識してみるだけでも変わってきます。普段の生活の何気ない小さなことに目を向けて、親子で健康なお口習慣始めてみてはいかがでしょうか。
 
【参考文献】
 
LINEで送る