子連れの長距離フライトに「バシネットの予約」は欠かせない! #05

illustration by author
出典: It Mama(イットママ)
illustration by author
出典: It Mama(イットママ)
illustration by author
出典: It Mama(イットママ)
illustration by author
出典: It Mama(イットママ)
illustration by author
出典: It Mama(イットママ)
illustration by author
出典: It Mama(イットママ)

筆者はチリと日本の往復が主な経路なので、色々な航空会社を知っているわけではありませんが、これまでの経験から、カンタス航空と日本のJALやANAは子連れに優しい航空会社の印象があります。

筆者が利用していた時は、電話でバシネットの予約ができたり、フライト中も何かと客室乗務員の方たちが気を使ってくれたのを覚えています。

数年前からアメリカの航空会社が一気に値段が安くなったので利用するようになり、家計には優しいと言えるのですが、電話でバシネットの予約ができなかったり、機内サービスなどが少し物足りないことも多々ある気がします。値段が安くなったので、仕方がないかもしれませんが……。

今は子ども達も大きくなり、バシネットは必要がなくなりましたが、日本とチリの30時間近い往復フライトは時には疲れすぎて鼻血が出たり、なにかと壮絶な体験があります。

飛行機では、周りに気を配りながらも、自分で「◯◯しなくてはいけない!」などのルールをつくりすぎず、快適に過ごせれば良いのではないでしょうか? 

皆さま! ぜひ快適な飛行機の旅を♡

【イラスト】
※ 著者

【関連記事】

※ 【子連れ長距離フライト】泣く→「抱っこ&おっぱい」作戦が効かない! #04

※ 日本⇔チリの子連れ30時間超えフライト!私が「欠かせないアイテム」 #03

※ 「もう泣きたい!」日本へ27時間越えの子連れ長距離フライト #01

※ ビューティセラピストママ伝授!産後のシミケアのために今すぐできること[PR]

※ 「大和もめん」は肌触りが別格!赤ちゃんが喜ぶやさしい“着心地”[PR]

※ <It Mama限定プレゼント実施中>2児ママも納得!出産祝いで喜ばれる「フェイラーの厳選アイテム」[PR]

LINEで送る