【乳幼児の事故】7割が家庭内で発生!年齢別にチェックしたい「事故TOP3」

167323682
suorce:https://www.shutterstock.com
出典: It Mama(イットママ)

子育てをしていると、階段から落ちそうになったり、火傷しそうになったり、家庭内でもヒヤッとする場面って多々ありますよね。

実際、東京消防庁の救急搬送データ(平成28年中)によると、平成24年から平成28年までの5間に、47,594人もの乳幼児(0歳~5歳)が事故で救急搬送されており、平成28年は、9,990人が救急搬送され、過去5年間で最も多くなっています。(※1)

しかも、乳幼児の事故の発生場所の7割が「住宅等居住場所」。つまり家庭内での事故が圧倒的に多いのです。

家庭内で起こる子どもの事故にはいったいどんなものがあるのでしょうか?

今日は、年齢別にみる日常生活で多い事故とママがしておきた対策についてお伝えします。

 

年齢別「日常生活で多い事故TOP3」

消防庁のデータを以下にご紹介します。(※1)

【0歳】
1位・・・ベッドなどから落ちる
2位・・・ものがつまる
3位・・・ころぶ

ねんねが多いこの時期はベビーベッドからの転落が0歳では一番多い割合に。誤飲や窒息も多く、特に包みや袋(お菓子の袋やペットボトルのラベル)を飲み込んでしまうことが多いようです。タバコの誤飲も多く発生しています。

【1歳】
1位・・・階段などから落ちる
2位・・・ころぶ
3位・・・ものがつまる等

1歳児で一番多いのは階段や椅子から落ちる事故で、転ぶ事故が2位という割合に。よちよち歩きが始まるこの頃の時期は子どもの行動範囲も広がるので、目を離した隙の事故が多いようです。誤飲もこの時期はまだみられます。

suorce:https://www.shutterstock.com
出典: It Mama(イットママ)

【2歳】
1位・・・落ちる
2位・・・転ぶ
3位・・・ぶつかる

1歳児と同様、やはりころんだり落ちたりする事故が多く、 加えて家具などにぶつかる事故も多くなってきています。よちよち歩きから1人でしっかりと歩けるようになってくるこの時期、さまざまな場所へ出かける機会も多くなっていく中で歩く喜びからバランスを崩しての転倒や衝突が目立ってきます。

【3~5歳】
1位・・・ころぶ
2位・・・落ちる
3位・・・ぶつかる

3歳になると乳幼児のころに比べて大分身体がしっかりしてきてママも目を離しがち。ですが、この時期はころんだり階段から落ちたりすることによりケガをし、救急搬送になることもまだまだ多いようです。

 

トップ3にランク外も、注意したい家庭内事故とは?

いずれの年齢のトップ3には入っていませんが、注意したい事故があります。

それは、“火傷”と“おぼれ”

suorce:https://www.shutterstock.com
出典: It Mama(イットママ)

火傷は0歳と1歳でもっとも多く、熱い液体(熱湯やお茶、コーヒーなど)をひっくり返してしまったりすることでよく起こります。

その他、暖房器具やアイロン、炊飯器の蒸気で火傷することも。火傷の危険性があるものは絶対に子どもの手の届くところには置かないようにしましょう。

おぼれに関しても注意が必要です。0歳や1歳のおぼれは、実は家庭の浴槽内で起こることが圧倒的に多いのです。乳幼児はわずかな時間でもおぼれてしまいます。お風呂などでは絶対に目を離さないようにしましょう。

 

年齢ごとに意識しよう!家庭内での事故防止対策

●0歳

昨日できなかったことが、今日できているのがこの時期。「まだ動けないから」と油断せず、目を離すときは必ずベビーベッドの柵を上げるように。また、なるべく高いところには寝かせないようにしましょう。

●1歳

ひとりで階段に登ったり降りたりすることのないようにしましょう。この時期くらいから階段や入口にゲートや柵を設置するのも良いでしょう。誤飲もまだまだ多いですから、医薬品など子どもの口に入って危険なものはテーブルなどに置かないようにしましょう。

●2歳

1歳児と同様、階段の登り降りには細心の注意を。階段にクッションマットを敷いたり家具にコーナークッションをつけたり、と細かな対策をしていきましょう。ある程度聞き分けができてくる年でもあるので、家の中で走り回ったりしないよう言い聞かせることも始めましょう。

●3~5歳

ある程度身体がしっかりしてきたとはいえ、まだまだ油断はできません。この時期になると体力も出てきて外での活動が多くなりますが、家の中でも以前にも増して動き回ることが増えてくるので、しっかりと言い聞かせをしつつ、乳幼児のころと同じように成長に合わせた安全対策をしましょう。

また、家庭内で事故の起こる時間帯で多いのが、18時~20時台。(※1)この時間帯はママも夜ご飯の準備などで忙しくしなりますから、事故が多いのもうなずけます。

晩ご飯の準備をしている間はベビーサークルに入れるなどして、事故防止の工夫をしましょう。

 

いかがでしたか。

家の中で起こる子どものケガは、保護者の注意力や工夫で防げるものがたくさんあります。しっかり対策をして、家庭内での事故によるケガを減らしていきましょう。

(2015年9月3日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
※1  平成28年中「救急搬送データからみる日常生活の事故」の概要 – 東京消防庁
※ Olesia Bilkei、 Olesia Bilkei、 Iakov Filimonov / Shutterstock

【関連記事】

※ 6~11ヶ月の赤ちゃんの51%が使用「タッチスクリーン」が乳幼児に与える影響

※ 乳幼児期こそ気をつけたい!「好奇心の芽を摘む」親のNG対応3つ

【医学博士監修】赤ちゃんの突然死を避けたい!乳幼児突然死症候群「SIDS」とは?

※ 「大和もめん」は肌触りが別格!赤ちゃんが喜ぶやさしい“着心地”[PR]

【野菜ソムリエ監修】野菜を安心・安全に食べたい!ママ達が使っているものとは?[PR]

※ ビューティセラピストママ伝授!産後のシミケアのために今すぐできること[PR]

 

LINEで送る