「麺×カレー」で簡単!夏のつけ麺レシピ【野菜嫌いの幼児食】#9

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

ご飯だとなかなか進まないのに、麺だとツルツルと完食してくれる、なんてことはありませんか?

子どもは麺が好きな子本当に多いですよね。筆者の息子もその1人で、「お昼ご飯何がいい?」と聞くと「ツルツル食べたい」と返ってくることがほとんどです。

焼きそば、焼うどん、ざるそば、スパゲティ、そーめんなど、麺メニューは盛りだくさん。炭水化物に偏りがちですが、お野菜もたっぷり摂りたいところです。

そこで今回は夏野菜をたっぷり使った麺メニューをご紹介します。

子どもが好きな「麺×カレー」!夏カレーつけ麺レシピ

【材料】(大人2人 幼児2人)

玉ねぎ ・・・1/2
ナス・・・1/2
ピーマン・・・1/2
人参・・・1/2
キャベツ・・・3、4枚
ミニトマト・・・4つ
豚肉(今回はしゃぶしゃぶ用を使いました。)・・・ 100g

水 ・・・600ml
和風だし・・・一袋or(粉末の場合は)小さじ1
カレー粉・・・70g
うどん・・・3~4玉(オススメはつゆが麺によく絡みやすい稲庭うどん。ゆで麺、流水麺でもOKなので、ママが楽な種類を使いましょう!

(1)水に和風だしの袋を入れて、沸騰させ出汁をとる。

(2)野菜を細かく切る。人参、ナスは小さめに銀杏切り、玉ねぎは薄切り、キャベツは千切り、ピーマンはみじん切り。

source:https://pixta.jp/

(3)人参、玉ねぎ、なすはそれぞれラップに包んでレンジで500w1分チン。

(4)野菜を入れ、火が通ったらお肉を入れる。必要なら灰汁を取る。

(5)お肉に火が通り、野菜が柔らかくなったら、一度火を止めてカレー粉を溶かし入れる。

source:https://pixta.jp/

(6)麺を茹で、水を切る。

(7)カレーつゆと麺をそれぞれ器に盛り付けたら出来上がり。

《ポイント》

・野菜を細かく切ることで、麺をすすった時に野菜が口に入りやすい! 特にキャベツを千切りにすると、麺と絡みやすいですよ!

・野菜を先にレンジでチンするとしんなりとして火が通りやすく、味もすぐ馴染み、時短に!

・つけ麺スタイルにすることで、子どもも楽しんで食べられて◎

ミニトマトには、クエン酸やリンゴ酸が胃酸の分泌を促し、食欲を増進させる効果があります。(※1)暑さで食欲が出ない時にぴったりです。

また、ピーマンにはビタミンCやβ-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンは、有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用や、免疫を増強する働きがあるので夏バテ予防に効果的ですよ!(※2)

 

いかがでしたか?

子どもが好きな「麺×カレー」は最強の組み合わせです。

筆者の3歳の息子は「お代わりするから、まだあるー?」と聞いてたくさん食べてくれました。

カレーつゆはそのままスープとして、そば、そーめんと一緒に、とろみを足してお肉やお魚にかけても美味しいですよ。1歳の息子にはカレーつゆを軟飯にかけてあげたら完食でした。

ぜひ、お試しください!

 

【参考・画像】
※1 トマト – 宇都宮農業協同組合
※2 β(ベータ)-カロテン当量とは
※ tawan ramtang、kari / PIXTA

【関連記事】

刻んで混ぜれば野菜も食べられちゃう!「2色多菜丼」【野菜嫌いの幼児食】#8

※ 旬の夏野菜、ナスで作るくるくる豚巻き【野菜嫌いの幼児食】#7

※ 夏バテにとろとろナスの夏野菜カレー!【野菜嫌いの幼児食】#6

※ 「日本製=安全」とはいいきれない!? 赤ちゃんのアイテム選び、本当に安心なのは?[PR]

【野菜ソムリエ監修】野菜を安心・安全に食べたい!ママ達が使っているものとは?[PR]

※ ビューティセラピストママ伝授!産後のシミケアのために今すぐできること[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

 

LINEで送る